綺麗のミカタ

プロの美容師がおすすめ・人気のシャンプー・トリートメント・カラー・ヘアアイロン・ドライヤー本当に良い物を紹介します。

美容室でのヘッドスパの真実とリンパマッサージは違法

      2017/07/04

ヘッドスパ

みなさまこんにちは村瀬です。

先日間違いだらけのトリートメントと言う記事でヘッドスパについて少し触れましたが美容室で行うヘッドスパのほとんどは価格に見合わない事が多いです。

本気でヘッドスパに取り組んでいるサロンさんは別だと思いますが多くの美容室ではそういう事が多いです。

プロが語るトリートメントでは髪の毛が治らない理由
こんばんは村瀬です。 今回は美容師として踏み込んだ内容ですがトリートメントでは髪の毛は直らないという事についてお話します。 では、なぜ美容室でトリートメントをし

スポンサーリンク

まずヘッドスパは美容師免許が必要

ヘッドスパ

最近ではヘッドスパは美容室以外の所でサービスを受けれる事が多くなってきましたが、実は頭に触れるという行為は美容免許がないといけません。

つまり、エステや整体で行う場合美容免許を持っている人でないと施術できません。ヘッドスパを施術しているお店が美容師免許を取得しているかは定かではありませんが法律上頭に触れる技術は『業として行ってはならない』と記載されています。『業としてなので』無料ならOKです。

つまり美容免許を持っていない方が施術するヘッドスパはメインの技術ではなく、オプションで無料でついてくる施術になると思います。

しかし、逆に私は美容師免許を所得していますが国家試験の中でヘッドスパも学びましたが教科書には数ページあるだけで筆記試験で出る問題数も少しだけしかありませんでした。ですから国家試験を持っているからヘッドスパができるというわけでもありません。

美容師免許って何を学ぶの?

良くお客様から美容師免許を持っていないと技術が全然できないと思われがちですがそんなこともありません。美容師免許がなくても技術は習得できます。

むしろ美容師免許があるからと言って技術があるわけではありません。

自動車免許や調理師免許に例えるとわかりやすいです。自動車免許も調理師免許も取得したからと言ってうまく自動車を運転できるわけでもなく調理師免許を取ったからと言っていきなり高級フランス料理ができるわけでもありません。それと同じで美容師免許も取得したからと言ってすべての技術ができるわけではありません。

つまりビジネスとしてやってよいという許可が国からもらえるだけなのです。

では、実際何を学ぶかと言いますと技術は主に基本的なカットの仕方とパーマの巻き方を学びます。筆記では主に薬剤の特徴・美容の歴史・法律について学びます。教科書で言うと30冊ぐらいでした。

美容免許で一番重要な事はどちらかと言うと筆記試験の方です、薬剤を使用していますので薬剤の取扱い方法や、直接お肌に触れるので衛星管理の勉強をしたりします。衛生面では筆記試験の6割ほど出題されるほど重要です。当然お客様の髪の毛やお肌を触れるわけですから、衛生面では特に気を付けれ無ければいけません。

実際に私もシャンプーやヘッドスパ・エステといった直接肌に触れる技術に対して非常に衛生面に気を付けて営業をしています。

リンパマッサージは医療行為

そもそも美容室でヘッドスパやリンパマッサージってメニューが増えて来ましたがリンパを刺激する行為はもう医療行為なんですよ。しかもリンパを流した方がいいからって適当にマッサージすると逆に体にも良くありません。

私の奥さまも首にしこりが出来て時にリンパを自分でマッサージをして首付近にあった菌が他の場所に広がりアゴが腫れたこともあります。

エステや美容室・自宅で安易にリンパを刺激してはいけないのです。

美容室でのヘッドスパの価格は適正なのか?

ヘッドスパの価格は3000円~6000円前後が平均です。

美容室事によって施術方法が違ったり使用する物が違うので正確な数字ではありませんが10分1000円が相場です。では本当に3000円~6000円の価値が価値のある技術と言えるのかどうか同じマッサージを仕事としている方と比較をしてみましょう。

マッサージのプロの価格とヘッドスパを比較して

マッサージのプロがマッサージをするといくらか?多分同じ10分1000円が相場だと思います。エステでも同じです、10分1000円ぐらいが相場だと思います。

1日マッサージやエステを施術されている方にとってその技術は施術すればするほどどんどん成長していきます。

私も当然カット・カラー・パーマ・ストレート・シャンプーを毎日メインで施術をしますが年を重ねる事にその技術は成長しています。

そう考えるとマッサージしかしていない方のマッサージが3000円私のたまにやるヘッドスパ3000円を比べた時に技術差は歴然です。

同じ価格でも同じ価値がないかもしれません。当然頭に触れられるのは美容師しかいないので比べるという事がおかしいのかもしれませんが。気持ちが良い、非常にリラックスできたという点では劣っている可能性があります。

私が勉強したヘッドスパ

ここまで私のヘッドスパに価値がないとお話してきましたが実はたくさんのヘッドスパを受講してきました。技術がないわけではありません。

始めて学んだヘッドスパはルネフルトレール

ルネフルトレールが誕生したのが50年前で日本に入って来たのが10年ほど前です。ルネフルトレールの導入はまず1日講習を受けて1週間後にマッサージのテストがあり合格するとお店で施術ができるというシステムです。マッサージ方法はかなり難しくマッサージ以外にも頭皮を診断して使用するエッセンシャルオイルを決めたりします。このエッセンシャルオイルを間違えると頭皮の状態が悪化したり刺激を受けたりとトラブルになるので経験が必要な技術でした。

1週間の練習を経てテストに合格するとルネフルトレールから登録店舗として看板をもらえます。

この、ルネフルトレールは本当に本格的なヘッドスパでリラクゼーションだけでなく頭皮環境もしっかり整えてくれる凄いヘッドスパでした。当時10年前はヘッドスパと言う需要があまりなく60分6000円と言う価格帯でなかなかヒットはしませんでしたが私のヘッドスパの原点はここにあります。

2回目に学んだヘッドスパはミルボンリーファ

美容業界では大手のミルボンから出ているヘッドスパ、このヘッドスパはルネフルトレールとは違い簡単にヘッドスパを習得できます、もちろん導入するにあたってインストラクターの方が見えて1度講習を受けてから1週間後にテストがあります。テストと言っても簡単に覚えられるやり方だったのですぐに習得できました。

ミルボンのヘッドスパは簡単にできるお手頃ヘッドスパでしたが、逆に簡単にできるヘッドスパなので育毛や頭皮ケアと言うよりはリラクゼーションが非常に強くマッサージの延長といった感じで施術は15分~20分で価格は3000円ほどでした。この技術は本当にお手頃にヘッドスパを体験できるメニューで今後のヘッドスパの需要を作ってくれたメニューでした。

3回目に学んだヘッドスパはアジュバン

アジュバンシリーズはシャンプーだけでなくヘッドスパメニューもあります、アジュバンのヘッドスパはどちらかと言うと頭皮へのアプローチはシャンプーとトリートメント任せで主に頭皮や顔の筋肉をほぐすという

頭蓋骨矯正に近い部類に当たります、マッサージは10分で終わりますがこのマッサージ、めちぇめちゃ痛いです。価格は1000円でもっとお手頃価格でヘッドスパを体験できるメニュー展開で多くのお客様を施術しました。この施術すると2~3日ほど顔のたるみが治りリフトアップするという特徴がありますが。1週間に1度施術をしなければいけないので安いように見えて高い技術でもありました。

このヘッドスパは私が一番得意なヘッドスパですが、リラクゼーションとちょっと違う施術です。

3.5回目に学んだヘッドスパ

ここは学んだというよりプレゼンを受けただけですね。テクノエイトはハーバールな安全性を重視している為商品自体はかなり安全性が高いのですがケミカルダメージに対応できる商品が少なく結果を求める方には少し物足りないです。

私もテクノエイトのハーブエッセンスによるヘッドスパのプレゼンを受けましたが、施術するマニュアルがあるわけではなく自分たちが実際どんなマッサージをしたら良いのか研究が必要で導入には少し難しい商品でいした。ヘッドスパを専門的にやっている方なら最高の商材かも知れませんが扱うには至りませんでした。

4回目に学んだスパはフォーフルールとモルトベーネ

この時からはトータルビューティーサロンの展開が少しづつ始まってきましたので私は商品知識だけで。施術はマッサージ専門の方が施術をするというスタイルにシフトしました。

フォーフルールは60分の本格スパで頭皮のコンディションを適切にしながらリラクゼーション効果も高い施術でした時間にすると60分ですので価格も6000円前後で施術しておりました。この時代はヘッドスパを求める方が多くなってきて時代にマッチしたメニュー展開ができました。しかも、マッサージ専門のスタッフがやるわけですから私が施術するよりも何倍もうまく施術してくれ多くのお客様が体験しリピートしてくれました。

モルトベーネ製のヘッドスパはミルボン製のヘッドスパとさほど変わらなく20分前後のヘッドスパですがヘッドスパに興味があるお客様に対してお試しでやってみる感じでた。ほとんどの方が60分のヘッドスパを体験して満足できた商品だと思います。

5回目に学んだヘッドスパはハホニコマイブ

ハホニコのマイブシリーズはアーユルベーダが基盤となっている技法で使用する商材は美容業界でも一歩リードしているハホニコ製の商材です。ケミカルでもかなり強く結果の出る物しかないと私は思っております。

ハホニコのマイブシリーズのヘッドスパはお客様の精神状態によってアロマオイルを調合していくので非常にリラクゼーション効果が高く、マッサージの仕方もアーユルヴェーダが基本となっているので非常に良い技術ですが本当に練習が必要な技術でしたのでなかなか結果がでるまで時間がかかりましたがこの技術は本当に良い技術でした。

最後に学んだヘッドスパ

イーラルは私が直接学んだ訳ではありませんが本格的なヘッドスパです、なんといっても有料で導入講習を決まった日数受けしっかりとしたテストに合格しないと施術できないシステムになっています。

使用している商材も美容業界で一歩先に行っている毛髪科学をもつDEMIが大本です。部署は違いますがかなり本格的な知識を勉強しますので、講習後は必ずと言っていいほどヘッドスパに対する取組が違います。

そして、どこのヘッドスパよりもアフターがしっかりしていていろいろなアドバイスやキャンペーンの取り組みなどディーラーやメーカーと一体となって考えてくれるので成功できるヘッドスパでした。

美容室でのヘッドスパの目的

今までいろんなヘッドスパ技術を学んできましたが一番どれが良かったかというとどれも同じです。使っている商材云々よりもヘッドスパを本格的に取り組んでいるかが一番大事だという事。

ヘッドスパは育毛ではないく頭皮の環境をよくする事リラクゼーションが一番の目的なので使用する香りとやってくれる人に左右されます。また、人それぞれ頭皮の悩みも違うので多くの商材を取り扱っていて本格的にヘッドスパを取り組んでいる美容室かヘッドスパ専門のスタッフがいる所で施術する事が一番です。

私が以前勤めていたサロンではマッサージを10年以上プロとしてやっているスタッフと3年ぐらい美容師をしているスタッフが同じサービスをしても同じ値段をもらっていました、当然、10年マッサージをやっているスタッフの方がうまいわけです。なんだかおかしいですよねこの仕組み自体が…

本当に良いヘッドスパは本格的に取り組んでいる美容院でしか受けられないという事です。

ヘッドスパのまとめ

美容室のヘッドスパはシャンプーの延長で頭皮を綺麗にするという事とリラクゼーションです。

ヘッドスパは専門的にやっているサロンで体験しましょう、もしくは専門スタッフがいる美容院で体験してみましょう!

美容師がおすすめする髪質別のシャンプーまとめ
こんにちは村瀬です。 今ネットで様々なシャンプーがおすすめされていますが皆様は一度使ってなんだかしっくりこないと思った事はありませんか? なぜそうなるかと言いま

この記事が気に入ったら
最新の情報をお届けします

Twitter で

 - スキンケア, 頭皮ケア

        

スポンサーリンク







  関連記事

ロレッタハッピーモーニングローズは化粧水で忙しい方のおすすめの寝癖直し

1 0 0 0

こんにちは村瀬です。今日は忙しい方におすすめの化粧水ロレッタハッピーモーニングローズをご紹介していきます。 髪の毛も顔も ... ...

頭皮ケアにおすすめのデミ・ビオーブシャンプー

3 1 0 0

ビオーブシャンプーはスキンケアしながら髪のダメージケアできるバランスの良いシャンプーです。メントールが夏にぴったりです。

クイーンズバスルームシャンプー
くせ毛・ダメージ毛に対応した低刺激シャンプークイーンズバスルーム

0 1 0 0

こんにちは村瀬です。今回はくせ毛・ダメージ毛に対応した低刺激のシャンプークイーンズバスルームをご紹介します。 このシャン ... ...

haruシャンプー
美容師目線でharu(ハル)シャンプーを評価

1 1 0 0

ネットで話題のharuシャンプーを評価します。このシャンプーは無添加・天然系のシャンプーですが100%どんな人におすすめと言う訳ではありません。スキンケアできるシャンプーと言う認識です

ハーブガーデンシャンプー&コンディショナー
さくらの森ハーブガーデンシャンプーを美容師目線で評価

0 1 0 0

ネットで高評価のさくらの森ハーブガーデンが本当にいいのかプロ目線で評価します。

ルベルイオセラムクレンジングシャンプー
地肌ケアをしながら保湿してくれるルベルイオセラムクレンジングシャンプー

0 1 0 0

こんにちは村瀬です。今回はくせ毛の方におすすめのシャンプールベルイオセラムクレンジングシャンプーをご紹介します。 くせ毛 ... ...

オーガニック
肌が弱い方にプロがおすすめする低刺激のオーガニックシャンプー

8 0 0 5

プロがおすすめする肌に優しいシャンプーを6種類ご紹介します。私も肌が弱いので実際使ってトラブルがなく髪の毛の質感の良い シャンプーをご紹介します。大切なのは成分ではなく実際使って問題がない事です。

科学
シャンプーの洗浄成分の見分け方と洗浄力

7 0 0 2

シャンプーの洗浄成分はたくさんの種類があります。プロが解り易くどんな洗浄成分かを見分けるコツを教えます。

クリエディールボリュームアップミスト
髪にボリュームを出してくれる化粧水・クリエディール ミストV

0 0 0 0

こんにちは村瀬です。今回は髪の毛の立ち上がりを作ってくれる頭皮用化粧水のクリエディールミストVです。 クリエディール ミ ... ...

UVケア
タマリスUVヘアケアトリートメントで肌と髪を紫外線から守ろう

2 0 0 1

タマリスUVケアトリートメントの今までの商品を比較、全身に使用できるようになった新しいタイプの紫外線ケア

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)