綺麗のミカタ

プロの美容師がおすすめ・人気のシャンプー・トリートメント・カラー・ヘアアイロン・ドライヤー本当に良い物を紹介します。

ヘアアイロンの知識

アイビルD2ヘアアイロン

ヘアアイロンの種類は様々で大きく分けてカール用のヘアアイロンにホットロールブラシとコテの2種類がありストレート用のヘアアイロンがあります。

このヘアアイロンですが高温がいいとか低温がいいとか様々な情報がありますがどちらも正解でもあり不正解でもあります。

ヘアアイロンで一番大切な事はどれだけ髪の毛に熱を当てないか?が一番重要です。これはカールアイロンでもストレートアイロンでも同じ事です。例え低温でも髪の毛に長時間ヘアアイロンを当てたら高温で髪の毛を巻くのと変わりません。

一番良い方法は低温で早く巻く事です。でも、髪の毛の太さや固さは人それぞれなので自分の髪の毛に適した温度を見つけるという事が大切です。

ヘアアイロンの適正温度と熱で髪の毛が傷む理由正しいヘアアイロンの使い方

おすすめのカールアイロン(コテ)

アイビルアイロン

カールアイロンは多くのメーカーが出しているので本当にどれがいいのかが分かりませんよね。美容師の私がおすすめするヘアアイロンはたった3社です。それはアイビル・クレイツ・ヴィダルサスーンです。

この3社のヘアアイロンの中でも様々な種類があるのですが3社ともまず髪の毛を巻きやすいという事を大前提に安価で良い物があるからです。

その他にも値段を出したらいいヘアアイロンってあるのですが総合的に見たらこの3社しかヘアアイロンは選択できないほどいい物なので3社の中で対応温度や自分の髪の毛に合った物を選択してください。

プロが選ぶおすすめの人気巻き髪用ヘアアイロン3社比較

 

また、冒頭にお話しましたがヘアアイロンは温度調整がとても大切です、自分の髪の毛に合った温度を探して使うという事がとても大切になってきますが。

良くわからないやめんどくさいという方はヘアアイロンの値段は高くなりますが傷まないヘアアイロンを使用する事がおすすめです。

ヘアアイロンの適正温度と傷まないヘアアイロン

おすすめのホットロールブラシ

ヘアカール

カールアイロン(コテ)は大変人気がありどの家庭でもあると思います。お子様やお母様のヘアアイロンを使用した事がある方が多いと思いますが実はカールアイロン使い方が難しですよね。

そんな方にはホットロールブラシがおすすめです。特にブラシでブローをしてスタイルを作っている方やカーラーを使っている方でヘアアイロンを使ってみたいという方はホットロールブラシを一度使ってみるとカールアイロンの練習にもなりますし無理なく髪の毛にカールを付けれます。

また、現在カールアイロンを使っている方で前髪を巻くときに怖いや失敗するという方はホットロールブラシはそういった心配がないのでおすすめです。

プロがおすすめのホットロールブラシを6種類をご紹介

おすすめのストレートアイロン

ストレートアイロン

ストレートアイロンの場合はカールアイロンと異なり安価のストレートアイロンはおすすめできません。

その理由はストレートアイロンの構造にあります。

ストレートアイロンの場合くせ毛を伸ばす事が大前提なのですがプレート部分の噛みあわせで髪の毛が伸びるか伸びないかがほとんど決まってしまいます。

ストレートアイロンも高温の方が髪の毛が伸びやすいと皆様勘違いしている方も多いと思いますが全く違います。これはシャツなどの服にアイロンをかけるのと同じで高温だから伸びるのではなくプレート部分がいいから伸びるのです。

業務用のストレートアイロンの場合は一日何人もの方に使用する事を想定として作られているので家庭で使う場合10年近く壊れないのでおすすめです。

プロの美容師がおすすめするプロ用ストレートアイロン3種類と家庭用ストレートアイロン5種類

 

また、ストレートアイロンでなんだか噛みあわせが悪くなった場合やもっと髪の毛を真っ直ぐにしたい方は私達美容師が使っている裏技があるので一度試してみてください。

ストレートアイロンを使いやすくするたった1つの方法

ヘアアイロンとパーマ

ヘアアイロンもパーマも髪の毛が傷むのは同じですよね。特に女性の方はどっちが傷まないのか気になる所だと思います。

ヘアアイロンもパーマも髪の毛を傷ませる事は同じですが髪の毛の傷み方が違います。

ヘアアイロンの場合熱で髪の毛が炭状になっていき髪の毛にダメージになります。その反面パーマの場合は髪の毛が薬剤で傷みます。どちらも同じ痛みですが髪の毛が炭状になった場合修正が不可能です。逆に髪の毛が薬剤で傷んだ場合疑似的にタンパク質を髪の毛に補ってあげればいいのです。

なんども言いますが熱で傷んだ髪の毛はもうどうしようもありませんですから、ヘアアイロンの熱は徹底的に抑えないといけないのです。

ストレートパーマと縮毛矯正の違い

コテパーマ・デジタルパーマ・パーマ・コスメカールの違い

ヘアアイロンを使うときにおすすめのトリートメント

オイル

基本的に熱に強いオイルタイプのトリートメントミルクタイプのトリートメントがおすすめです。

オイルタイプの場合熱に強くサラサラな質感ですが保湿力が少ないのが特徴です。ミルクタイプの場合は熱に少し弱いのですが髪の毛の保湿力が強いのでしっとりとした質感を得られます。

その他にもミストタイプのトリートメントもありますがミストタイプのトリートメントは髪の毛のハリコシ成分が多い為カールアイロンでカールを強く出したい時におすすめです。この辺は自分の髪質と質感で選びましょう。

⇒髪質別で選ぶおすすめの洗い流さないトリートメントと使い方

ヘアアイロンの基本的な巻き方とおすすめスタイリング剤とトリートメント

カールアイロンの巻き方

ヘアアイロンでの巻き方は基本的に4つの巻き方を覚えていただければほとんどのスタイルが作れます。

色々な巻き方のテクニックもありますが巻き髪でデザインをこだわりたいという方は難しい巻き方を覚えるよりはヘアアイロンの太さを変更した方が速いですし簡単にアレンジする事が出来ます。

美容師が教えるヘアアイロンの巻き方・ロングヘアの内巻き編

ヘアアイロンの太さとスタイリング剤

ヘアアイロン の記事一覧

こんにちは村瀬です。みなさん巻き髪用のヘアアイロンってなかなか故障する事がなく長年使っていると思いますがいざ故障すると修 ... ...

プロがおすすめするアイビルD2ヘアアイロンの機能と良さを説明します。ヘアアイロンをお探しの方は参考にしてください

ヘアアイロンでやけどする方におすすめのホットロールブラシのメリットデメリットのご紹介

自宅でストレートパーマ、縮毛矯正をするやり方と注意点とリスクを説明します。

ストレートパーマと縮毛矯正の違いを説明します。基本的には髪の毛を柔らかくして伸ばすという施術ですが実は髪の毛の中で科学反応が起きているので説明をしていきます。

ストレートアイロンを使用しているならこの方法をするだけで一気に綺麗に伸ばせるようになります。今回はプロが使用する秘密を伝授します。

ヘアアイロン(コテ)とパーマのダメージを比較してみました。結論はヘアアイロンの方が傷みますがパーマとヘアアイロンのダメージについて解説します

プロの美容師が使用している人気のヘアアイロン。今回はおすすめ順にご紹介をしていきます。

ヘアアイロンの温度設定でおすすめな温度をプロが説明します。

ヘアアイロンで傷む原因を説明。正しい温度で使用する事によってヘアアイロンのダメージを最小限にすることが大切です。

プロがおすすめする市販のストレートアイロンとプロ用のストレートアイロンを解り易く説明します。 得意重要な所はストレートアイロンの構造にあります。ストレートアイロンの購入を考えている方は参考にしてみてください。

ロングヘアーの方のヘアアイロンの巻き方、今回は内巻きだけで作るスタイルを説明します。巻いた後上手にスタイリングする方法を説明

プロがヘアアイロンで巻髪をする時に役立つ便利アイテムと基本的な巻き方の説明を詳しく紹介。

プロおすすめの人気ヘアアイロンクレイツ・アイビル・ビダルサスーンのへアイロンをご紹介と比較してどれがどういいのかをプロ目線で評価また各3社の出している人気商品もご紹介

スポンサーリンク