綺麗のミカタ

プロの美容師がおすすめ・人気のシャンプー・トリートメント・カラー・ヘアアイロン・ドライヤー本当に良い物を紹介します。

綺麗のミカタのコンセプト

綺麗のミカタ

こんにちは綺麗のミカタを運営しております村瀬です。

このサイトを立ち上げたのはインターネットではキュレーションサイトやまとめサイトなどで信頼性のない情報が多くあります。そんな中本当に信頼できる情報ってなかなか得られる事が無いのが現状です。

そんななんか美容師としてこれは何とかしないとと思いい美容師として私がしっかりとした情報を発信しようとこのサイトをたちげました。

シャンプー

世の中には多くのシャンプーが存在してどんなシャンプーが良いのかいまいち解りませんよね。

例えばノンシリコンとシリコン入りのシャンプーどちらがいいのか?

答えはどちらも正解です。正しいシャンプーとはどっちが良いシャンプーではなくどっちが自分に合っているかが大切です。

ノンシリシャンプーとシリコンシャンプーを比較しておすすめなのはどっちか

 

また、自分に合ったシャンプーを選ぶのに当たりどんな洗浄成分があっているのか?このシャンプーに含まれる洗浄成分は保湿性のある物なのか洗浄力が強いのかしっかり把握する事が大切です。

シャンプーの成分の見方と洗浄力の関係

 

シャンプーの洗浄成分やシャンプーに含まれる成分については様々なサイトで簡単に情報を得る事ができますが必ず成分とシャンプーが比例する訳ではないので参考までにしてください。

シャンプー解析サイトやシャンプー分析サイトを参考にする前に覚えて欲しい事

 

このサイトでご紹介しているシャンプーに付いてですがすべてお客様や自分で使用して使用感と成分を書いていますがすべてのシャンプーが皆様におすすめと言う訳ではないので自分に合うものをしっかり見極めましょう。

良い成分だけでシャンプーを作れば必ず良いシャンプーにならない理由

シャンプーの使い方

良いシャンプーを使用しても使い方が間違えばあまり良くないシャンプーになってしまうかもしれません。

正しいシャンプーをする事によりシャンプーは初めて効果を発揮します。

正しいシャンプーの仕方

 

また、子供のシャンプーは意外とどうしたらいいのかわからない方が多いと思いますが実は大人のシャンプーと同じように丁寧に洗う事が大切なのでしっかり丁寧に洗ってあげましょう。

子供の正しいシャンプーの仕方をプロが教えます

ヘアケア

例えば良いシャンプーやトリートメントを使用していてもヘアケアの仕方を間違ってしまったら意味がありません。

良い商品を使いながら正しいヘアケアをする事で初めて髪の毛は綺麗になります。

トリートメント

実は正しいヘアケアを知った上でトリートメントを使うだけで髪質は全然変わるのです。

これは今お使いのトリートメントでも同じです。ちょっとした使い方を変えるだけでも髪質が変わるという事を知ってください。

そして、どれが一番良いトリートメントとかそういう物ではなく自分の髪質に合ったトリートメントを選ぶ必要があります。

また、多くの方が勘違いしていると思いますがトリートメントでは髪の毛は治りません。トリートメントとは髪の毛をこれ以上傷ませない為にする事、質感を良くしてくれる物だという事を認識しておきましょう。

ドライヤー

ここまでヘアケアやシャンプーなど正しい使い方やケア方法をお話してきましたが実はドライヤーも同じです。

ドライヤーになぜ冷風が付いているのか?

それはスタイルを作る為で熱いときに涼しい風を送る為ではありません。

また、ドライヤーにはマイナスイオンが付いていたり温度が調整出来たりと様々なドライヤーがありますが、ドライヤーで一番大切な事って良いドライヤーを使う事じゃなくて正しい使い方をする事が大切なのです。

実はマイナスイオンが付いてなくても正しい使い方をすれば髪の毛は傷みません。ただ、熟練の美容師さんには簡単ですが一般の方や美容師になり立ての方には意外と難しかったりします。

そこでマイナスイオンが付いたドライヤーを使う事で技術力を補ってくれるのです。

最近は低温で熱風が出るドライヤーや一定の温度で風が出る高機能のドライヤーまで出てきています。

こういったドライヤーを使う事で上手にドライヤーを使えない方にも簡単にヘアケアできるのです。

ヘアアイロン

ドライヤーで乾かしたあとヘアアイロンでスタイリングしている方やストレートアイロンで髪の毛を伸ばしている方が多いと思います。

ヘアアイロンでは正しい温度と髪の毛になぜ形が付くのかを理解した上で使用しないとヘアアイロンで傷んだ髪の毛は炭化現象と言う状態になり髪の毛が炭みたいになってしまいます。

髪の毛が一度この状態になるともう髪の毛を切るしかなくなるます。特に縮毛矯正をしている方がこの状態になっているのをたくさん見ます。

ヘアアイロンは低温で使用する事が大切ですが低温だと意外と形が付かないんですよね。低温でも髪の毛を痛める事がなく巻けるヘアアイロンもあるのでこういった物を使用して髪の毛へのダメージを最小限にしてヘアアイロンを使う事が大切です。

スタイリング剤

ここまでシャンプー・トリートメント・ドライヤー・ヘアアイロンのお話してきましたがスタイリング剤も自分に合った物を使用する事が大切です。

たとえばワックス一つをとっても男性の方と女性の方ではセット力の強さや作るスタイルで全く違うスタイリング剤を使います。特に女性の場合はストレートアイロンやコテなどを使用してスタイルを作るので多くのスタイリング剤が必要です。

スタイリング剤では使い方をしっかり覚えて自分の作り方に合った物を選びましょう。

ヘアアレンジ

ヘアアレンジでは何が正解とかはありません。自由に道具を使って自由にヘアアレンジしたらよいのですが道具の基本的な使い方と特徴を知った上でペアピンやゴムを使った方がもっと楽にヘアアレンジが作れます。

また、ヘアアレンジに必要な道具と基本的なアレンジ方法を知ると今までうまくいかなかった事が簡単になるのでヘアアレンジのテクニックを覚えておきましょう。

最後に

つい最近キュレーションメディアの問題で次々と引用をしていたサイトが信用度を落として消えています。

当サイトでもどこかの美容師でもない人がヘアピンの上下逆なんて記事を書いてキュレーションサイトが引用を引用しまくって変な誤解を生んでコメントに『プロの方に言うのは恐縮ですが上下が逆です』ってのを貰ってびっくりしました。

このなんでそんな記事が出来上がってしまったか記事の元をたどったらあるスタイルを作る時のヘアピンが逆ですよって記事がキュレーションしまくられて多くの方にヘアピンは上下逆だったんだって変な誤解を生みましたがヘアピンに上下逆とかどちらが正解ではありません。作るスタイルや使う場所に応じて使い分けます。因みに国家試験では波がある方が上に使用します。

 

そんな間違えだらけの情報がたくさんあるので美容師が正しい情報を発信していきたいと思っております。

公開日:
最終更新日:2017/10/19