悩みを解決!シャンプー・ドライヤー・ワックス・ヘアアイロンおすすめ

綺麗のミカタ

正しいヘアケアまとめ

髪の毛

正しいヘアケアとはなんでしょう?インターネットでは様々な情報が出回っており何が正しいヘアケアなのかわからなくなりますが実は仕方はシンプルです。

正しいヘアケアとは髪の毛をこれ以上傷ませない事です。なぜなら現在の技術では一度傷んだ髪の毛はもうもとに戻らないからです。

この事は正しいトリートメントの知識でも書きましたがトリートメントをする事で髪の毛がもとに戻る事もありません。

トリートメントをすると髪の毛が何だか調子がいいと感じている方も多いと思いますが実際は髪の毛に手触りの良い質感を与えているに過ぎないのです。

これ以上髪の毛を傷ませないには?

これ以上髪の毛を傷ませないには髪の毛が傷む原理を知る必要があります。

日常での一番髪の毛にダメージを与えているのはドライヤーやヘアアイロンでの熱が1番のダメージになります。その次に髪の毛にダメージを与えているのはシャンプーからのダメージになります。

まず、ドライヤーやヘアアイロンの熱ですが髪の毛は薬剤によるタンパク変性よりも深刻なダメージは髪の毛が熱によるタンパク変性です。この現象を髪の毛の炭化現象とも言いますが髪の毛が炭状になる現象です。

良くヘアアイロンは高温の方がいいと言いますがそういう訳でもありません。また、低温だから髪の毛にいいという物ではないのでその辺をしっかり理解しましょう。

次にドライヤーの熱によるダメージです。

通常のドライヤーから出る温度は130℃前後と言われています。最近では低温の温風が出るドライヤーも多いのですが実際の髪の毛は低温でも温度が上がり続けます、この髪の毛の温度をセンサーで確かめて自動的に温度調節をしてくれるドライヤーは今の所ダイソンのドライヤーだけになります。

その他にもマイナスイオンが出るドライヤーなどたくさん有りますがドライヤーでも一番のダメージケアは遠くから風を当てるという事が一番の方法という事を理解しましょう。

では、シャンプーでのケアはどうでしょう?必ず洗浄力の弱いシャンプーを使用したからと言って完全にいいというわけではありません。髪の毛のダメージ具合ではシリコン系のシャンプーやトリートメントが必要になってきます。

このシリコンは一般的に髪の毛にはいいけど肌に良くないと認知されていますが実はシリコン以外の成分が肌に刺激を与えているという事を理解しましょう。

参考:人気のノンシリシャンプーとシリコンシャンプーを比較しておすすめなのはどっち?

私は基本的に肌が弱い方です。ですから基本的にこのサイトでご紹介しているシャンプーは肌が弱い人が使ってもトラブルになりにくい物を紹介しています。

これはダメージケア系のシャンプーでもそうです。なるべく肌に優しく髪の毛をダメージケアできる物を取り揃えています。

髪の毛を綺麗にするには?

その他にもスキンケア系のシャンプーも質感の良い物をとりそろえているので一度自分に合うシャンプーを探してみると良いと思います。こういったダメージケアをして初めて髪の毛は綺麗になるのです。

 

カテゴリ一覧

頭皮のトラブル

【頭皮のトラブル】頭皮が痛い原因と解決する方法

テーツコーム

プロがおすすめするコーム(櫛)の種類と特徴

くせ毛の原因と対策

くせ毛の出る5つの原因と理由・プロが教える改善方法

家

自分(自宅)でストレートパーマをする方への注意書きと成功する為のポイント

スタイリングの仕方

髪のボリュームの出し方とスタイリングを簡単にする方法

ケア

間違いだらけの頭皮ケア・ヘッドスパ・スキャルプケア

アレルギー

頭皮湿疹と頭皮が痒い原因と対策

白髪

白髪の原因と改善できない理由と改善方法

オーガニック

オーガニックが体に優しい理由と優しくない理由

女性

ストレートパーマと縮毛矯正の違い

臭い

髪の毛と頭皮に匂いが付く原因と対策

髪の毛

コテパーマ・デジタルパーマ・パーマ・コスメカールの違い

ダメージ

なぜアルカリ性だと髪の毛は傷むのか?

男性

男性向けメンズの正しいヘアケアの方法

ヘアケア

正しいヘアケア方法のまとめ

ブラシ

プロが教えるおすすめのヘアブラシの種類と特徴

プロが教えますトリートメント・コンディショナー・リンスの違い

スタイリング

ヘアワックスの使い方(付け方)-スタイリングの仕方

ロングヘアー

髪の毛を早く伸ばす方法・正しい知識でロングヘアーを手に入れよう

ディーセスディチャーム

UVケアは春から正しい知識で髪と頭皮を紫外線がら守るUVスプレー

Copyright© 綺麗のミカタ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.