悩みを解決!シャンプー・ドライヤー・ワックス・ヘアアイロンおすすめ

綺麗のミカタ

スキンケア

美容師が選ぶおすすめUVクリームと正しい紫外線対策

更新日:

紫外線

こんにちは村瀬です。今回は肌用のUVクリームをご紹介します。

紫外線対策では多くのUVクリームが販売されていますがどれもあまり効果を実感できないというあなたにおすすめのUVクリームをご紹介します。

紫外線の知識については前回記事にしたので参考にしてみてください。

合わせて読みたい

ディーセスディチャーム
UVケアは春から正しい知識で髪と頭皮を紫外線がら守るUVスプレー

  こんにちは村瀬です 今回はミルボンのディーセスシリーズからUVケアシリーズのご紹介です 紫外線は意外と夏ではなく春~夏にかけてが一番多くしっかりケアをしていくには今が一番大切な時期なので ...

続きを見る

スポンサーリンク

UVクリームの種類と効果

紫外線クリーム

まず、おすすめのUVクリームを紹介する前にUVクリームの種類を説明していきます。現在UVクリームでは大きく分けて2種類の紫外線防御剤が使用されています。

販売されているUVクリームがどんな物が使用されているかを知っておくと効果的なUVケアが出来るので少しお付き合いください。

紫外線散乱剤の特徴

紫外線反射材

紫外線散乱剤の場合は主に酸化チタンや酸化亜鉛のように金属系の物が使用されます。

簡単に言ってしまったら鏡のように反射させてしまおうという考えです。反射させる成分が入っている為、白浮がします。

 

紫外線散乱剤で使用される酸化チタンや酸化亜鉛の周りをコーティングしてあるのでアレルギーのリスクも少ないのが特徴です。

反射させるので上からファンデーションを使用すると反射できなくなるので効果が薄くなります。

紫外線吸収剤の特徴

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤の場合は成分に紫外線があたると科学反応で熱に変換したり、紫外線で犠牲になってくれる成分です。

この成分の場合は紫外線で熱を持つので肌に刺激を与える可能性があるのでちょっと厄介な成分です。

紫外線吸収剤の場合非常に肌になじみが良く色浮がありません。また、UV効果のあるファンデーションと相性が良いのでセットで使用すると良いUVクリームです。

紫外線カットの測定方法

紫外線の測定方法

紫外線の測定方法ですが、現在の日本では1cm²に2㎎を塗布して測定します。2㎎と言うとあまりピンとこないかもしれませんが2㎎って顔全体を塗れてしまう量です。

1cm²に2㎎を塗布して測定した結果が商品のSPFとPAの結果になるので実際にこの測定結果を得ようと思うと顔が真っ白になるまで塗らないといけません。

紫外線対策ではSPFやPAの強さはあまり関係ない

SPFの強さは関係ない

UVクリームを実際使用すると表示されている数値の10分の1になってしまうのでSPF50でも使う量によってはSPF5になっているかもしれませんですからUVカットの力が強いから良いと言ってUVクリームを選択してもあまり関係はありません。

UVクリームのイメージ

また、皆様はお化粧をする時に化粧下地にUVクリームを塗ってその上にファンデーションなど使用すると思いますが紫外線反射剤を使用したUVクリームだとファンデーションで反射できなくなりますので紫外線カットの効果がずっと低くなります。

しっかりとした紫外線対策はどうしたらよいのか?

UVイメージ

イメージ図のように紫外線を本気で対策するのなら紫外線をカットする物を複数組み合わせればいいのです。つまりUVカット効果のあるものを複数使う事が一番大切です。

UV効果のある日傘

もう定番ですね。UVカット効果のある傘を使用する事によって直接日に焼けるという事を防げます。

しかしこれだけでは横から入ってくる紫外線は防げないのでさらにアイテムが必要になります。

UV効果のある帽子

傘を使用してさらに帽子を使用する事によって傘で防げなかった紫外線をがっちりガードできます。

帽子の場合はUV効果は少ないのですが傘 + 帽子にすると相乗効果でかなり紫外線をガードできます。

後は手袋やサングラスをすると他の露出箇所をガードできます。

UVクリーム

私がおすすめするUVクリームではありませんが皆様の馴染みのある商品を出してみました。

 

ここまで3層になるように紫外線をガードする事でやっと完全に紫外線を遮断できるのです。

もう完全にガードしてしまうと変出者になりかねないですね…

美容師おすすめのUVクリーム

紫外線対策をするのならやっぱり日傘や帽子が必須になります。UVクリームで一番大切な事はUVカット率ではなく肌にあまり負担を与えないという事です。

じゃ~オーガニックがいいのでは?と判断するのは少し早いです。オーガニックUVクリームになるとUVの効果が非常に少ないのであまりおすすめできません。

今回おすすめするUVクリームは全部吸収剤を使用しているのでとても馴染みが良くSPFが低い分お肌に与える負担がないのを3つご紹介します。

※肌が弱い奥様で全部試しました

ビーバンジョアのUVクリーム

ビーバンジョアのUVクリームは99%紫外線をカットします。その秘密は特殊なYチタンにあります。

冒頭でもお話しましたがUVクリームには反射剤と吸収剤があるのですがビーバンジョアは特殊な吸収剤です。

吸収剤の場合は発熱するのに対してYチタンは発熱しません。

さらにYチタンは紫外線や暗く見える光をカットしてくれるので肌が明るく見えます。

また、敏感肌の方でもトラブルが出ない処方になっているので安心して使用できるUVクリームで一番おすすめです。

ジュポンのUVクリーム


ジュポンのUVクリームは現在私の奥様が気に入って使用しております。ジュポンのUVクリームはとても伸びが良く植物由来成分でできている為お肌に負担が少ないのが特徴です。

ジュポンのUVクリームはSPF23と低い為お肌にかかる負担がかなり少ない事が特徴です。

紫外線散乱剤と紫外線吸収剤のハイブリットなのでSPFは低いもののPAは結構高めのクリームになっていてどんな人にも使用出来るのがうれしいです。植物由来成分でできているので肌の馴染みが本当によく使用しやすいです。

ジュポンのリキットファンデーションもおすすめ

ジュポンのリキットファンデーションは美容液でできています。水溶性のファンデーションなのに水に強いという不思議なリキットファンデーションです。

我が家の奥様は複雑な肌質なのでほとんどのメーカーのリキットファンデーションだとよれたり、浮いたりするのですがこのリキットファンデーションだけは大丈夫です。

ただ、これだけだとかなり薄めのメイクになるのでプラスでパウダーファンデーションを使った方が良いです。

イオニートのUVクリーム

イオニートは私の愛用のシャンプーのメーカーでどの商品を使っても肌に優しい商品です。オーガニックや無添加商品ってどうしても効果が薄いのですがイオニート商品はかなり結果が出るので大好きです。

我が家の奥様は肌が弱く何を使ってもダメでしたが4~6年ほどイオニートの基礎化粧品を使用して肌質がかなり改善されたので本当に結果の出る商品だと実感しております。

イオニートのUVクリームは無添加な上に紫外線吸収剤をマイクロカプセルで包んでいるので超低刺激で赤ちゃんからも使用出来ます。安全性の高いUVクリームでべたつかないのでおすすめです。

プロおすすめのUVクリームまとめ

UVクリームは結構いろいろな情報があって紫外線を吸収する成分がいけないとか成分に〇〇を使用しているから肌に悪いとかあるのですが実際使用してどうなのか?が一番重要です。

世の中の化粧品は成分だけで見ると悪く無い成分なんて無いので選ぶのがなかなか難しいのですよね。

私がおすすめする3つのUVクリームは実際に肌の弱い奥様に使用してもらってトラブルもなく使いやすい物をご紹介しているので皆様の参考になれば幸いです。

タイトル(全角15文字)

スキンケア
基礎化粧品が高い理由と低価格でも効果のあるおすすめの基礎化粧品

こんにちは村瀬です。 皆様は基礎化粧品の価格はどれぐらいですか? 化粧水に1万円・美容液に1万円・美容クリームに2万円ぐらいが相場でしょうか? 化粧水は1000円~2万円と価格は様々です必ずしも高い方 ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
最新の情報をお届けします

Twitter で

-スキンケア

Copyright© 綺麗のミカタ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.