悩みを解決!シャンプー・ドライヤー・ワックス・ヘアアイロンおすすめ

綺麗のミカタ

スキンケア 正しいヘアケアのまとめ 頭皮ケアの方法

オーガニックが体に優しい理由と優しくない理由

更新日:

オーガニック

こんにちは村瀬です。

今回はオーガニックについてお話します。

私達美容業界には様々な商品がありますその中でも最近人気なのがオーガニック商品です。

なんだかみなさん勘違いしていると思いますが。オーガニックって天然素材って勘違いしているみたいですが全く関係ありません。

そして、肌に優しいと思っている方も見えると思いますが逆に天然の成分を使用した方が肌へのリスクが上がるという事を今回は記事にしてきます。

スポンサーリンク

オーガニックとは?

オーガニック

皆様が普段イメージする事は天然で肌に優しいっていうイメージだと思いますがこれって全く何も根拠がありません。

 

そもそもオーガニックとは有機栽培する事です。

そして有機栽培って元々は有機農法といって科学肥料を使用しないで栽培する事であり全く自然由来っていう意味はありません。

 

ではなぜオーガニック = 天然由来で肌に優しい。そんなイメージになってしまったのかをお話していきます。

オーガニックの安全性

欧米では日本よりハーブや野菜をオーガニック農法(有機栽培)する事によって農薬や化学肥料を使用して作った物よりも安全性が高く地球や私達人間にやさしいという事で日本よりもずっと進んでいます。

しかし、通常の農法で作った作物よりも有機栽培した作物は手間がかかります。その為同じ野菜でも価格が10倍になる事も珍しくはありません。

 

つまり食べる物の場合は科学薬品や農薬を使用した物よりも有機栽培した物の方が安全性が高いという事です

オーガニックとコスメ

コスメ

では、オーガニックコスメはどうなんでしょうか?

近年自然志向の方が増えてオーガニック商品が増える一方ですが実はオーガニックだから肌優しという根拠はどこにもありません。

むしろオーガニックの方がトラブルは起きます。

 

いいですか、ここまでお話してきたとおりオーガニックとは確かに地球や私達の食べる物の安全性は高いのですがそれは食べ物の話です

肌に付ける物がたとえば天然成分だからトラブルが無いという訳ではありません。

だって、うるしとか触っただけでも肌が荒れますよね?天然の物なのに何ででしょうか?

その他には杉花粉・イネ花粉。これもアレルギーの方だと反応しますよね?

 

天然の物でもこういったトラブルがあるのは理解できると思いますがオーガニック = 天然 = 安全と言う事ではありませんよね。

医療に使用されるワセリン

私は過去にワセリンのお話をちょこっと書きましたが医療用に使用されるワセリンは合成した油で石油由来の成分です。

天然の油ではありません。合成的に作り出した成分です。でもこれは肌に限りなく優しいのです。

 

天然の油じゃないのにおかしいですよね?

 

ワセリンなどの合成して作った商品の方が余分な成分がが入っておらず限りなく純度100%に近くなるからトラブルがなくなるのです。

 

逆に天然のシアバターやミツロウの場合、そのまま使用すればトラブルの原因になるリスクが高まります。

これは純粋に油ではなく不純物が入るからです。

ですから医療用に使用される油は3種類だけです。

医療用の油

  • ワセリン
  • パラフィン
  • マイクロクリスタリンワックス

この3つすべてが石油から作った合成物質です。

そして、勘違いしないで欲しいのが石油は元々原油から作られます。原油は元々自然の物ですから…

オーガニックが肌に優しい理由

つまりオーガニック = 肌に優しい理由なんてあまりありません。では、なぜオーガニックが肌に優しいというイメージが広がったのか?

 

単純にイメージ戦略です。もしくは付加価値を付ける為です。

 

現在では美容製品は本当にたくさんありどれがどれか全くわからない状況です。しかもどの商品を使用してもあまり変わらないのが現状です。

いいですか、肌は化粧水・乳液・クリーム色々使用していると思いますが肌は再生しません。肌は綺麗になりません。綺麗になるのは自分の肌が頑張ってくれるしかないのです

LINK肌が綺麗になる方法と化粧水は皮膚に入らない理由

 

だから化粧品はどれも似通ってしまうんですよね。ですから他の商品と差別化するために健康志向な現在に合わせてオーガニック商品が出来上がりました

でも、オーガニックってここまでお話したと通りコストが跳ね上がってしまうんです。で、売る為にはイメージ戦略をしたという事です。

 

合成物質は肌に悪い、天然の物じゃないと肌にトラブルが起きるって。

 

これは少し前の美容師が語るシャンプー業界の裏側と本当におすすめするシャンプーまとめという記事でも書きましたが醜い争いなのです。オーガニック化粧品は天然の物が使用されているから肌に優しいのではなく肌に優しい成分で構成されているので肌に優しいのです

 

これが何だか一人歩きしてオーガニックだから肌に優しいっていうイメージになってしまっているのです

LINKノンシリシャンプーとシリコンシャンプーを比較して正解はどっち?

洗浄成分と天然素材

実は洗浄成分である界面活性剤は様々な種類がありますが化合させる物によっていろいろな成分に変化します。

たとえば石鹸を作るの事で説明しますが、シアバターとアルアリ剤(苛性ソーダ)で作った石鹸とココナッツオイルとアルカリ剤(苛性ソーダ)では同じ石鹸ですが使用したときの風合いが違います。

昔家の残り油で石鹸を作るのが流行りましたがあれも同じです。同じ石鹸です。

天ぷらなどで一度使用した油の場合は不純物がかなり混じるので安全度は低くなります。

 

シャンプーの洗浄成分も同じです、保湿性の高い油で作った成分の場合はしっとりとしたりします。不純物の多い成分の場合はトラブルの原因になったりもします。

LINKなぜアルカリ性だと髪の毛は傷むのか?

化粧品に使用される成分のグレード

ここまでお話してきましたがご安心ください。天然成分の場合精製されて製品に使用されます。

化粧品やシャンプーなどに使用される成分はかなり精製されていますので純度が高いのでそこまで心配する事はありません。天然の物でも合成の物でも大丈夫なのです。

 

また、化粧品で使用されるオイルや成分は純度が高く精製されますが、普通に食用で販売されているオリーブオイルなどのオイルは純度が高くないのでお肌や髪に使用する事はおすすめはしません。

オーガニック・まとめ

オーガニックは肌に優しいのではなく自然に優しいのです。

ですから、オーガニックコスメは効果や安全性は低いという事です。

この記事が気に入ったら
最新の情報をお届けします

Twitter で

-スキンケア, 正しいヘアケアのまとめ, 頭皮ケアの方法

Copyright© 綺麗のミカタ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.