悩みを解決!シャンプー・ドライヤー・ワックス・ヘアアイロンおすすめ

綺麗のミカタ

シャンプー

ノンシリシャンプーとシリコンシャンプーを比較しておすすめなのはどっちか

更新日:

こんにちは村瀬です。最近よくお客様から質問されます「やっぱりシャンプーはノンシリコンの方が良いのでしょうか?」

結論から言うシリコンもノンシリコンも両方髪の毛や肌にいいしどっちがいいと言う訳ではありません。

ただし一つ言いたい事はあなたにはノンシリコンがおすすめ・あなたにはシリコンシャンプーがおすすめと言う感じで人によってどっちが良いのかが変わってしまいます。

そんな皆様の疑問に美容師がシリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーに付いてお話していきます。

スポンサーリンク

ノンシリコンとシリコンどちらも優秀

シャンプーとノンシリコン

『シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーどっちがいいの?』と聞かれれば髪質を見てお答えしますが、実際の所髪質は人それぞれなので自分にあったシャンプーを使用した方が良いですと毎回お答えしております。

美容師さんの考え方も人それぞれなので、これが正解という訳ではありません。シャンプーを買う基準として大切な事は何が悩みなのかでシャンプーに何を求めているかで変わります。

香り、手触り、洗い心地、刺激…etc

 

一番大切なの今髪の毛にどんな悩みがあるのかどうしたいのか?が大切です。

ノンシリコンシャンプーの場合はまずコーティング剤であるシリコンが入っていないから頭皮の毛穴を詰まらせないといった事がありますがコーティング剤のないシャンプーの場合髪の毛のまとまりやダメージに対しては弱くなります。

 

逆にシリコン系のシャンプーの場合は頭皮にや髪の毛に蓄積して悪影響を与えるという認識が強くありますが実際はそこまで問題になりません

ノンシリコンVSシリコンの戦いは市販のシャンプーと美容室のシャンプーの違いを安易に美容師が伝えてたことから始まりましたが今ではそういう市場になってしまいましたね。

LINKシャンプーのイメージ戦略とこれから・シャンプーもう進化しない

シリコン入りシャンプーのデメリットとメリット

シリコンシャンプーのデメリット

シリコンシャンプー

シリコン入りのシャンプーの場合は髪の毛の質感は良い反面頭皮への残留も懸念されると皆様は思っていると思います。

つまりシリコンが頭皮にへばりつき毛穴を詰まらせる原因にもなるという事です。

また、髪の毛をコーティングする分カラーリングやパーマの施術がしにくいと言う事も一理あります。

しかし、シリコンが毛穴が詰まりやすいと言ってもしっかり流していれば問題は有りませんし最近のシリコンはそういった事が少なくなりつつあるのも現状です。

デメリット

  • 頭皮に悪影響を及ぼす
  • 肌に良くない
  • 髪の毛をコーティングするのでカラー・パーマ剤が入りにくい

シリコンシャンプーのメリット

シリコンの良い所質感です。

その他にはデメリットの真逆でパーマやカラーリングの薬剤が過剰に反応しない為にも結構必要だったりもします。

ダメージを受けた髪の毛の場合毛先だけカラーリングが暗くなったり毛先だけパーマがかかりすぎるという事を防ぐのもこのシリコンがあるかないかで随分変わってきます。

ですから必ずシリコンは悪者ではありません。うまく付き合う事が大切なのです。

メリット

  • 髪の毛のダメージを保護してくれる
  • 質感を向上させてくれる
  • パーマの失敗を無くしてくれる
  • カラーの失敗を無くしてくれる

ノンシリコンシャンプーのデメリットとメリット

ノンシリコンシャンプーのメリット

ノンシリコンシャンプー

ノンシリコンシャンプー = シリコン剤が入っていないシャンプーです。

シリコンはとても優秀なコーティング剤でダメージでなくなった毛髪のキューティクルを整えてくれる非常に優秀な成分です。

ノンシリコンシャンプーの場合はこのようなコーティング剤が入っていないシャンプーの事を言います。

しかし、ノンシリコンシャンプーの多くは他のコーティング剤の合成の被膜形成剤が入っているのでノンシリコン = コーティング剤が入っていないではないので注意しましょう

ノンシリコンシャンプーのメリットはコーティング剤が入っていたとしても商品コンセプト的に髪の毛の質感がとても軽いのが特徴です。

ですから、カラーリングをあまりしていない方やあまりダメージの無い方が使用するととても自然な感じに仕上がりサラサラな質感になります。

メリット

  • サラサラな質感
  • コーティング剤が少ない
  • カラーリングやパーマの邪魔をしない

ノンシリコンシャンプーのデメリット

ここまでお話したとおりノンシリコンシャンプーはあまり非がないような気がしますが実はかなりデメリットも存在します。

シリコンが入っていないから毛穴が詰まりにくい訳ではありません、他のコーティング剤を使用している訳ですからシリコンが入っていないからつまらないという構図はなくなりますよね。

その他にダメージが多い方が使った場合はバサバサになり髪の毛が絡まってもうどうす事も出来なくなったりもします。

ですから、ノンシリコンだから髪の毛いいいという理由はどこにもありませんよね?

ノンシリコンだろうがシリコン入りだろうがシャンプーをしっかり流さなければ毛穴は詰まるし髪の毛のコーティングは同じなのです。

違いはサラサラになるかしっとりするかの違いだけです。

デメリット

  • 髪の毛が絡まる
  • ダメージ毛には向かない
  • 毛穴がつまらない訳ではない

ノンシリコンシャンプーが流行した理由

現在販売されている本当にコーティング剤が入っていないシャンプーは子供用のシャンプーや一部のオーガニック系のシャンプーしかありません

ノンシリコンなのにコーティング剤が入っているシャンプーしかないという訳のわからない状況になっていますが冒頭でもお話したとおり市販のシャンプーと美容室のシャンプーの差別化から来ています。

ノンシリコンシャンプーが爆発的ヒットをする前は弱酸性のシャンプーやアミノ酸系のシャンプーでした。

市販のシャンプーと美容室のシャンプーを比べたり何がどう違うのか簡潔に言えるのがシリコンがとか弱酸性がとかアミノ酸系だからでした。

それを大手シャンプーメーカーが乗っかりノンシリコンがいいよ!

っていう感じに今ではノンシリコンじゃないとダメっていう感じにすらなっていますよね。

弱酸性だからいい、アミノ酸系だからいいの次はノンシリコンだからいいというようないたちごっこが続いていますよね。

LINK美容師が語るシャンプーや美容商品・業界の裏側

シャンプーは自分の髪質にあった物を選ぶ事が大切

オーガニックシャンプー

ここまでお話したようにシリコンが入っているシャンプーの方が髪の毛の質感が良いのでダメージを気にしている人はシリコンの入ったシャンプーがおすすめです。

ノンシリコンシャンプーに関しては他のコーティング剤が入っているのが気になりますが一応髪の毛の質感がさらさらなので頭皮を気にしている方やさらさなな質感を求めている人はノンシリコンシャンプーを使用しましょう。

ただ、ダメージケアでも頭皮ケアでも一番大切な事はシャンプーだけじゃないので正しいケアをする事が大切です。

LINK髪の毛を綺麗にする方法と秘訣のまとめ

シリコンなどのトリートメントで髪の毛が傷む

ここまで話しておいてあれですが必ずしもシリコンは髪の毛のダメージに良いと訳でもないのでおまけにお話するとシリコン系のシャンプーやトリートメントも髪の毛を痛める原因になります。

シャンプーやトリートメントはしっとりしなやかになりますよね?

でも、健康な髪の毛はしっとりもしなやかにもなりません。水にぬらすと絡まるしギシギシしますこれがホントの健康な髪の毛です。

シャンプーとトリートメントで髪の毛がしっとりするメカニズムは簡単です。

 

髪の毛にダメージを与えて柔らかくしてシリコンなどのコーティング剤でしなやかにするようにできています。

うそ?と思う方は今すぐシャンプーやトリートメントの成分を見てください○○○コールというアルコール系の成分が入っている事が多いのです。

アルコールはお肉料理でもお酒に付けておくと柔らかくなる効果があります。

このお肉はタンパク質の塊、髪の毛も同じタンパク質です、当然柔らかくなります。

そうすると髪の毛が本来よりも傷みやすい環境になってしまうのです。それをカバーする為にコーティング剤が入れてあります。ですからシリコン入りの物がダメージケアとも限らないのです。

LINK髪の傷みが気になる方へプロがおすすめするダメージヘアのケア

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーのまとめ

自分に合ったシャンプー選びて本当に難しいですよね。

必ずしもどちらが良い訳ではありませんので自分に合ったシャンプーを使用する事が大切です。

それにはまず髪の毛の悩みを考えどんな質感を得たいのかが一番大切になるので一度しっかり考えてシャンプーを選びましょう。

 

この記事が気に入ったら
最新の情報をお届けします

Twitter で

-シャンプー

Copyright© 綺麗のミカタ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.