悩みを解決!シャンプー・ドライヤー・ワックス・ヘアアイロンおすすめ

綺麗のミカタ

正しいヘアケアのまとめ

【頭皮のトラブル】頭皮が痛い原因と解決する方法

投稿日:

頭皮のトラブル

頭皮が何だか痒い、そのうちに悪化して頭皮が痛いと感じている人はいませんか?

頭皮が痛い原因は頭皮のトラブルが原因です。

私は肌が弱くヘアカラーをすると良く頭皮が荒れ頭皮が痛いという事を経験しますがこれは単純に頭皮に傷があるから痛いという事が原因です。

また、その他にもいろいろな原因があるので原因と対策をお話していきます。

スポンサーリンク

頭皮が痛い原因

頭皮が痛い原因は様々です。冒頭にもお話しましたが頭皮が痛い原因のほとんどが頭皮のトラブルです。

頭皮が痛い原因は以下の通りです。

ポイント
  • 神経痛
  • 寝癖や帽子
  • 乾燥
  • 皮膚炎とニキビ
  • 湿疹のアレルギー
  • ヘアカラー

神経痛

頭部神経痛と言う神経から来る痛みらしいです。私も調べるまでは知りませんでしたが神経から来る痛みです。

帯状疱疹などで頭皮が痛いというケースは良く聞きますが、頭部神経痛と言うのは13年間美容師をしてきてこの痛みになった人はあまり聞きません。多分美容室じゃなく皮膚科に行くからわからなかったと思います。

ネットでは正しい情報が見つけれなかったので日本頭痛学会をご覧ください

寝癖や帽子で痛い

帽子

毛穴から生えている方向に逆らった状態で長時間圧迫すると頭皮に痛みを感じます。

特に分け目を変えた時などにもこういった症状があります。

帽子や寝癖でくせが付いた場合はぬるま湯で髪の毛に付いたくせを取って上げれば治ります。

乾燥によるトラブル

乾燥

乾燥によるトラブルの頭皮が痛い原因の一つです。

頭皮が乾燥するだけでは痛くはないのですが乾燥する事による痒みでシャンプーやスタイリング剤が刺激になり痛いという原因になります。

これが悪化すると炎症や湿疹へと悪化するので保湿性のあるシャンプーを使うや化粧水を使う事で乾燥を回避しましょう。

参考頭皮がかゆい原因と頭皮の乾燥の大半はシャンプーに原因がある

炎症とニキビ

ニキビ

突然頭皮にニキビができている場合や頭皮が炎症を起こしていると頭皮が痛いという事があります。

これは頭皮の乾燥から来る場合とカラーリングや日々の不摂生が原因です。

頭皮にできものが出来ていたい場合は爪を立てないで優しくシャンプーをしましょう。

もし頭皮に炎症や痛みがある場合は無理をしないでお湯シャンプーにして皮膚科に行きましょう。

参考正しいシャンプーの知識とお湯シャンプーの正しいやり方

湿疹とアレルギー

アレルギー

頭皮湿疹の原因でもお話しましたがアレルギーやアトピーなどで炎症を起こしている場合と皮脂の油が多くなりすぎて痒みが出ます。

このまま放置すると炎症に発展して頭皮の痛みの原因になります。普段から刺激のないシャンプーを使用して気を付ける事が大切です。

もしそれでも改善しない場合は皮膚科に相談しましょう。

ヘアカラー

カラー

ヘアカラーが原因で皮膚にトラブルを起こしている場合もあります。

これも皮膚炎ですがヘアカラーの場合美容室での処理も原因で起こります。

もしヘアカラーをする場合は美容室で頭皮を保護するようにしているのか?頭皮に付けないようにしているのか確認をする事も大切です。

また、ヘアカラーをした当日に頭皮にトラブルが無くても髪の毛に薬剤が残っているのでなるべくカラーリングの薬剤を除去するシャンプーを使う事が大切です。

ヘアカラーで頭皮が痛い場合は1日様子を見て皮膚科に行きましょう。

参考ヘアカラー後に使ってほしいプロおすすめシャンプー

まとめ

基本的に頭皮が痛い前には必ず原因があります。

頭皮が痒いというだけでそのまま放置すると必ず悪化して頭皮が痛いという原因につながります。

私もヘアカラーをして痒い日が3日続くような時がたまにありますが頭皮を掻くと言う事で悪化します。

まずは頭皮に刺激のないシャンプーを使う事が最も大切です。

それでもダメな場合は皮膚科に行きましょう。

肌と頭皮が弱い方におすすめの低刺激シャンプーとオーガニック

この記事が気に入ったら
最新の情報をお届けします

Twitter で

-正しいヘアケアのまとめ

Copyright© 綺麗のミカタ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.