綺麗のミカタ

プロの美容師がおすすめ・人気のシャンプー・トリートメント・カラー・ヘアアイロン・ドライヤー本当に良い物を紹介します。

プロが教えるヘアブラシの選び方・おすすめのブラシと櫛(コーム)の種類と特徴

      2017/07/11

ブラシ

こんにちは村瀬です。

今回は自分に合った櫛やコーム・ヘアブラシの見つけ方をご紹介していきます。

コームとかヘアブラシって一言に言ってもたくさんの種類がありそれぞれの特徴と良さがあるので必ずこれがおすすめっていうわけではありませんが自分にあった物が見つかれば幸いです。

スポンサーリンク

コーム = 櫛

櫛を英語でコームと言います。

現在ではあまり櫛と言う習慣がなくコームっていう言い方をしますね。

このコームですが実は種類は様々です。私達美容師もこのコームを使って髪の毛をカットしているのですがたくさんの種類があるのですべて用途に合わせて使い分けをしております。

テーツコーム(カットコーム)

テーツコームは私達美容師がカットに使用する為のコームです。

粗歯と密歯という2つの粗さのコームでカットする用途に合わせて使い分けをします。

 

密歯の場合は歯と歯の間隔が細かいので髪の毛にテンションがかかりるのでカットする場合には精確なカットが出来ます。

 

逆に粗歯はテンションが掛からないのでデザインを作ったりくせ毛の方をカットするときに使用します。

また、髪の毛がダメージで引っかかりやすい方には粗歯を使用してあまり引っかからないようにしております。

カットコームはいろいろあるのですがホンゴ製のコームがとても安くて使用しやすいのでおすすめです。

ジャンボコーム

ジャンボコームは元々歯と歯の間隔があいているコームなので髪の毛が傷んでいる方によく使用します。

また、薬剤に耐性がある為カラーリングやトリートメントを伸ばす時に使用します。

家庭で使用するときはトリートメントを付けた後に使用すると無理なく髪の毛になじませる事が出来るのでおすすめです。

テールコーム(リングコーム)

テーツコームとはテール(しっぽ)があるコームの事を指します。

私達美容師はリングコームと呼びますがなぜそんな由来になったのは誰も知りません。

多分リングコームって商品があってそのまま商品名がコームの種類になったのではないかと思います。

 

テール(しっぽ)が付いているので髪の毛のセットやパーマ・カーラーを巻くときにとても使用しやすいのが特徴です。

このテールコームは主に2種類あります。

プレスチック製のテールコーム

プラスチック製のテールコームは薬剤に強いという特徴や弾力性があるという特性があるので主にパーマやカーラーを巻くときにとても便利です。

また、プラスチックなのでとてもコストも安くなるのでどこでも入手できるのもうれしいポイントです。

ただ、デメリットとしてプラスチックは静電気が起きるので乾いた髪の毛に使用するとダメージにつながりやすいので注意しましょう。

 

プラスチック製のテールコームはテール部分で分け目を作ったりするのにも便利なのでシャンプー後に洗い流さないトリートメントを付けるのに便利です。

髪質別で選ぶおすすめの洗い流さないトリートメントと使い方
こんにちは村瀬です。 今回は髪質別に合わせたおすすめの洗い流さないトリートメントの選び方についてお話をします。 洗い流さないトリートメントはお風呂上りに使用するもの

木製のテールコーム

日本で古くから使用されているのが木製のテールコームです。

木製のテールコームの場合静電気が起きる事がないので髪の毛をセットする時に便利です。

また、木製のコームはどんどん油が染み込むの性質があるため木製コームは使えば使うほど髪の毛にツヤが出るコームになります。

テールが付いているので髪の毛をまとめたりする時におすすめです。

ヘアメイク用のセットコーム

セット用のコームの種類は様々です。素材もカーボン製・木製がありますが細かい作業をするためには便利なコームです。

NBAA製のコームはとても歯が薄くできている為ヘアメイクがしやすいので私は好んで使用しています。

ただ、NBAA製のコームは歯が薄いのですぐに欠けてしまうのが難点でよく買い直します。

 

私はセット用のコームを2種類持っているのですが、カーボン製の方がコンパクトで丈夫なのでこちらをよく使用しております。

逆毛用コーム

私達プロは逆毛を入れる練習をするので簡単に入れれますがまだまだ練習が足りない美容師さんや素人の方におすすめな逆毛用コームです。

このコームは歯の部分がダブルになっているので初心者の方でも簡単に逆毛が入れる事が出来ます。

ボリュームを出したい場合やヘアメイクをする時におすすめのコームです。

簡単にヘアアレンジをする為のコーム(櫛)の使い方と逆毛の立て方
こんにちは村瀬です。今回はコームの使い方です。コームの種類は様々ですが今回はヘアアレンジ用のコームの使い方をご紹介します。 ヘアアレンジをするにあたって普通のコームで

刈り上げ用コーム

刈り上げ用のコームは主に私達美容師が使用するコームです。理容と美容では技術が違うのでコームの種類が分かれております。

セルフで2ブロックにする時やもみ上げ、眉毛の手入れをする時にも便利なので1本あると良いです。

ホンゴ製の刈り上げコームは薄くて安いのでおすすめです。

参考プロが教える流行りの2ブロックを長く楽しむ為のセルフカット

美容師向けの刈り上げコーム

私達美容師は理容師さんと比べると刈り上げの仕方が若干違います。

 

最近になって刈り上げコームの形状や操作性が上がって来たのですがまだまだ理容師さんにはかなわないかなって日々感じます。

美容師向けの刈り上げコームはどちらかと言うと柔らかい質感の物が多い印象です。

理容師向けの刈り上げコーム

刈り上げと言えば理容師さんですね。

理容師さんの場合は刈り上げを作るだけでも何種類のコームを用途に合わせて使い分けをします。

理容師さんの刈り上げコームは主に鬼歯 → 荒歯 → 普通 → 細歯という具合に段々仕上げていきますまた、刈り上げする部分に適したコームがありそれぞれを使い分けます。

 

私は本格的な刈り上げコームを使用していた時期がありましたがとても高級で為折れたりするのがショックなので現在は使用しておりません。

理容室用の刈り上げコームはとても刈り上げをしやすいのが特徴です。

参考誰も教えてくれない美容室と理容室の違い

ヘアブラシの種類と特徴

ヘアブラシとは主に髪の毛のお手入れをするものからヘアスタイルを作る物まで種類を様々です。

現在私達美容師がお客様の頭をセットしたりお手入れするのに使用する物は大きく分けて9種類あります。

 

ヘアブラシは元々髪の毛をブローしたり梳かして綺麗にしたりフケや埃を取る為に使用するもので女性だけでなく男性にも必要不可欠な物です。

デンマンブラシ(ハーフブラシ)

元々ハープブラシを初めて作った会社がイギリスのデンマンシャが初めてこの形のブラシを作った事が始まりで今でもハーフブラシの事をデンマンブラシって言っています。

ハーフブラシの特徴は形状が円のハーフつまり半円になって居るのでブラシに髪の毛を乗せてドライヤーをするだけで頭の丸みに沿ってブローをする事が出来ます。

 

ハープブラシの場合はブラシが固いので立ち上げたりボリュームをダウンをさせたりする時に有効です。

デンマン社のハーフブラシの場合はD3・D4と数字が高い方が横幅があります。

個人的にはD4の方がコンパクトで使用しやすいのでおすすめです。

デンマン製以外でおすすめなハープブラシはSANBI製の物ですがすぐに壊れるので使いやすいけど…ってなります。

ロールブラシ

ロールブラシは内巻きにカールを作ったりパーマをかけた髪の毛に使用したりと用途は様々です。

ナイロン素材のロールブラシの場合は強い弾力があるのでテンションがかかりやすいというメリットがありますが静電気が起こりやすいというデメリットもあります。

動物性の場合は豚毛と猪毛があります。

どちらも動物の毛を使用しているので油となじみやすいので静電気を防止して艶が出てきます。

猪の毛の方が固く豚毛の方が柔らかくコシがあるのですが個人的には豚毛の方が安くて使用しやすいです。

 

ロールブラシの場合はナイロンと豚毛の混合の方が初心者の方にも使用しやすいのでおすすめです。

ベントブラシ(スケルトンブラシ)

ベントブラシは形状がホネみたいなブラシなのでスケルトンブラシとかガイコツブラシっていう事もありますが正式名称はベントブラシです。

 

このブラシはカーラーやブローで作ったスタイルを整えるのに非常に便利なブラシで手櫛感覚で使用できるブラシです。

 

また、ドライヤーの熱を効果的に伝える事が出来る事とナイロンの弾力製がボリュームを出す事が出来るブラシです。

男性のブロースタイルでは欠かせないアイテムです(特にリーゼントとか)

スケルトンはいろいろな物がありますがセラミックスケルトンが一番使いやすいです。

スケルトンブラシならサニートンブラシ超おすすめ

スケルトンでブローをする方に超おすすめなサニートンブラシです。

スケルトンブラシって埋め込み型が多いのですが実は櫛になって居る部分の付け根に髪の毛が超引っかかるので使いこなすまでにちょっと時間がかかるのですがこのサニートンは型に詰めて作ってあるので。

櫛の根本の付け根に引っかからないのでウィッグの手入れとかにも役立ちます。

コストも安く汚れたら捨てれるので衛生的です。

大体の銭湯においてありますね。これ100円均一に行けば大体売っているので探してみてください。

クッションブラシ

クッションブラシはブラシにクッションが付いた物です。

クッションが付いているかついていないかで頭皮への刺激がないだけと思いがちですが実はクッションがある事によって絡んだ髪の毛を無理なくほぐせるという特徴があります。

また、クッションブラシはブラシが細かいのでフケを除去してくれる働きもあるのでシャンプー前にも有効的です。

クッションブラシは動物の毛を使った物の方が頭皮の油と馴染みが良いのでおすすめです。

プロが教える効果を最大限に引き出す正しいシャンプーの仕方
こんにちは村瀬です。皆様はちゃんとした正しいシャンプーができていますか?シャンプーをどれだけ良い物を使用していても正しい使い方をしなければシャンプーの成分がちゃんと髪の毛に

クッションブラシ(パドルブラシ)

プラスチック製のクッションブラシの場合はクッション部分がとても優しくフィットするのでクッションブラシで頭皮が痛いという方におすすめです。

プラスチック製だとどうしても静電気が気になる所ですが、最近はトルマリンなどを配合して静電気を押さえるタイプの物もあります。

水が付いた状態の頭にも使用できるのでシャンプーの時にも使用できるので2way感覚で使用できるのでマッサージ感覚で使用したい方におすすめです。

ウッドブラシ

ウッドブラシは元々髪の毛が絡みやすい方の為のブラシ。

特にエクステンションをしている方がシャンプーする時にも非常に便利です。

クッションブラシと同じ構造ですが櫛の所が木になっているのでソフトなタッチであまり痛くないが特徴です。

お風呂でも使用できるのでシャンプー用とブラッシング用で2つ使い分けをしておくのも良いと思います。

 

素材が竹や木でできているので動物性の毛よりも油の馴染みがないのですが使い込むと味が出てきてどんどん味のあるブラシになります。

 

※追記

購入してくれた方の参考レビュー↓

LINKプロの美容師さんオススメの櫛で娘の髪をといたらサラサラになった件

シャンプー用ブラシ

シャンプー用のブラシは色々な形状の物がありますがシャンプーブラシで大切な事は頭皮を傷付けない構造かどうかって事です。

ブラシ部分がシリコンでできている物もありますが私は汚れをしっかり搔き出すブラシタイプがおすすめです

シャンプーブラシの使い方 シャンプーブラシの使い方 シャンプーブラシの使い方
サイド バック フロント

 

シャンプー用のブラシを使用する時の注意点ですがシャンプーするようにごしごしすると大変な事になるので下から上に一直線に梳かすように使用しましょう。

絶対に一直線に梳かすだけにしてください!

男性向けメンズの正しいヘアケアの方法
こんにちは村瀬です。 今回は男性の正しいヘアケアの方法をご紹介していきます。 男性の方で気になるのは頭皮の汚れや薄毛だと思います。男性向けのヘアケアは様々ですが

市販のシャンプーブラシ

市販のシャンプーブラシってたくさんありますがちゃんとブラシ状になっているタイプの物がおすすめです。

ライオン製のPORTECウォシングブラシは歯ブラシ見たいに細かいのでちゃんと頭皮まで届くので気持ちよくシャンプーが出来ます。

ただ、歯ブラシと同じで1~2ヵ月で歯が開いてくるのでその都度使い捨てが良いです。

私は2回程使用しましたが結構いい感じなのでおすすめです。

セット用・まとめ髪用のブラシ

私達美容師さんがアップスタイルを作る時に使用するブラシです。

ヘアメイク・パーティアップ・まとめ髪をする時には非常に役に立つブラシです

一般の方はあまり使用する機会のないブラシかとは思いますがブラシ選びの際に参考になればよいと思います。

髪をまとめるブラシ

私が髪の毛をまとめる(束ねる)時に使用するブラシです。

ナイロン製の長いブラシと豚毛の短いブラシの混合です。この異なる長さが髪の毛をまとめる時に適度なテンションを加えてくれるので簡単に束ねる事が出来ます。

また、ナイロン製の長いブラシがとてもソフトなので逆毛を取る時にも重宝しております。

面を整えるブラシ

まとめ髪で重要な事は面を綺麗に作る事。

面を整える為のブラシは固めの動物性のブラシです。全部同じ長さなのでとても面を整えるのに便利なブラシです。

私達美容師は髪の毛をセットする際に逆毛を入れるのですが表面の逆毛をなくし面を作るのに適したブラシです。

このブラシはちゃんとした使い方があるので参考まに…

ヘアブラシのまとめ

動物の毛を使ったブラシは非常に油との馴染みが良いので使用するとツヤが出てくるのでおすすめです。

また、豚毛や猪毛のブラシはなじむまで時間がかかるので使いはじめはチョット使いにくいと思いますがなじむと非常に髪の毛に絡みやすいのでトライしてみてください。

簡単ヘアアレンジ・ヘアブラシの基本的な使い方
こんにちは村瀬です。 今回はヘアアレンジに必要なヘアブラシの使い方をレクチャーしていきます。 まず、基本的なヘアブラシの使い方ですがアップをする時に使用するブラ

この記事が気に入ったら
最新の情報をお届けします

Twitter で

 - 正しいヘアケア

        

スポンサーリンク







  関連記事

パーマ
コテパーマ・デジタルパーマ・パーマ・コスメカールの違い

7 0 0 0

コテパーマ・デジタルパーマと様々なパーマがありますが違いをご説明していきます。

シャンプーボトル
プロが教える正しい洗い流さなトリートメントの使い方

3 0 0 1

プロが正しい洗い流さなトリートメントの種類と正しい使い方をご紹介。洗い流さなトリートメントを正しく使用する事によって最大限トリートメントの効果を引出せます。また使用量を間違えると逆効果!

ハホニコディスデモカヘアクレンジング
ダメージヘアにおすすめのハホニコ・ディスデモカヘアクレンジングシャンプー

0 0 0 0

以前ダメージヘアの方におすすめのトリートメントとシャンプーをご紹介していましたがより詳しくハホニコのディスデモカヘアクレ ... ...

人気のノンシリシャンプーとシリコンシャンプーを比較しておすすめなのはどっち?

3 0 0 1

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの正しい選び方と真実

シャンプー
シャンプーやトリートメントの成分にこだわらなくなった理由

4 0 0 1

シャンプーやトリートメントの成分は本当にたくさんありどれがいいのか疑問だと思います。 実は成分だけを見るとどれも肌に悪く毒性も懸念されます、大手メーカーはこの成分をおまくコントロールをしているのでどの成分がダメとかはメーカーの醜い争いなのです。

スタイリングの仕方
髪の毛のボリュームの出し方とスタイリングを簡単にする方法

23 0 0 7

ワックスでのスタイリングがなかなか上手くいかないのはワックスの付け方以外に根本の状態が大切です。ここではワックスでスタイリングする前にやるべき事をお話します。

プロが教えますトリートメント・コンディショナー・リンスの違い

31 0 0 6

コンディショナーとリンス・トリートメントの違いと特徴をご説明していきます。

シャンプーブラッシング
プロが教える効果を最大限に引き出す正しいシャンプーの仕方

6 0 0 2

プロが教える正しいシャンプーの仕方とシャンプーの成分を有効に髪の毛に浸透させる為にやる事

泡
プロが教えるシャンプーの正しい使い方

23 0 0 5

シャンプーの仕方も大切ですがそれ以前にシャンプーの使い方をしっかり理解した上で使用しましょう。

アレルギー
頭皮湿疹と頭皮が痒い原因と対策

10 0 0 4

頭皮湿疹が出来る理由と原因を説明します。その中でどんな原因で頭皮が有れているか理解して対策をしなければいけません。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)