悩みを解決!シャンプー・ドライヤー・ワックス・ヘアアイロンおすすめ

綺麗のミカタ

正しいヘアケアのまとめ トリートメント

プロが教えますトリートメント・コンディショナー・リンスの違い

更新日:

?

こんにちは村瀬です。

皆様は毎日シャンプーをした後何を使用しておりますか?

リンスでしょうか?コンディショナーでしょうか?それともトリートメントでしょうか?

 

なんでこんなにたくさんの商品があるか疑問に思うほどたくさんの物がありますよね。

で、全部使った時とどれか1つ使った時と違いがわかりますか?

 

あまりわかりませんよね?

これって全部ほとんど同じ成分だからです。トリートメントにしろコンディショナーにしろリンスにしろどれか一つで十分なんです。

今回はトリートメントとコンディショナーとリンスの違いをお話していきますね。

スポンサーリンク

トリートメント・コンディショナー・リンスの違い

私達が毎日使っているトリートメントやコンディショナーやリンスの違いって分かりにくいのですが。

主にどんな役割があるかと言うと以下の通りです。

トリートメント リンス コンディショナー
ラメラ液晶構造 リンス 3浴式トリートメント
毛髪内部 コーティング 両方

このように髪の毛の内部に入るようになっているかコーティングするか又はその両方です。

ですから正しい使い方はトリートメントを付けてからリンスをするのが正しい方法と言えます。

また、コンディショナーだけを使用した方が良いってなってしまいますが実は違います。

 

私の個人的な意見はトリートメント1つで十分だと思っています。

リンスってなんだろう?

リンスは元々英語で『すすぐ』っていう意味です。

実はリンスって日本独自の文化なのです

なぜ、そんな文化が生まれてしまったのかと言うと昔日本でまだシャンプーがない時代は石鹸を使って頭を洗っていました。

 

石鹸ってアルカリ性なのですが髪の毛はアルカリ性になるとキューティクルが開きます。

キューティクルが開きっぱなしだといけないから引き締めようってリンス(酸リンス)をしていました。これが今でいうリンスと言う商品になったと言われております。

LINK美容院のトリートメントの効果と種類

 

一昔前シャンプーは石鹸でみんなが洗っていました。

しかし、2回目のオイルショックで石鹸を作るという事が出来なくなってしまいシャンプーが登場したのが始まりなんですよね。

 

当時のシャンプー現在から見るとまだまだシャンプーと言えるほど安全性などなど問題がたくさんありました。

1回目のオイルショックの時はシャンプーの成分に問題があるとされて厚生省の認可が下りなかったともいわれております。

 

しかし、2回目のオイルショックでもう石鹸などの油を使った商品が製造できないという理由もあり合成洗剤を国が認可した事から始まります。

ですから、当然髪の毛がばしばしになったんですよね。これを何とかしようって出てきたのが今までの酸リンスではなくコンディションを整える為の物

 

それがリンスです。

 

リンスっていう商品名になっていますがこんな歴史があったんですね。

 

現在ではリンスって商品は少なくコンディショナーというより髪の毛のコンディションを整える物になってきていますがリンスの主な役割は、髪の毛をコーティングして静電気を押さえるという事です。

LINK美容院の2浴式トリートメントと3浴式トリートメントについて

コンディショナーってなんだろう?

コンディショナーのイメージ

現在はシャンプーをした後に使用する物はほとんどコンディショナーという商品が大半だと思いますが違いは

コンディショナーは髪の毛の内部・外部を補修しようって物なのですが実際はリンスとコンディショナーはさほど変わりませんが成分の配合量によって質感が変わります。

 

イメージ図のようにコンディショナーって本当に考えて設計されているのですが配合できる成分の絶対数が変わってしまうのでコンディショナーをするのであればその分成分が薄くなってしまうと思った方が良いと思います。

LINK花王株式会社 製品Q&A リンスとコンディショナー、トリートメントの違いは?

トリートメントってなんだろう?

トリートメントと言う意味はケアするって言う意味です。

直すとか治すって意味は全くありません。

ですからトリートメントをするって髪の毛が良くなるようなイメージですが残念ながらそんな事はありません。

ただ、傷みにくいようにケアする行為なのでこれ以上悪化しないためにもした方が良いのがトリートメントです。

 

で、間違えてはいけない事は自宅で使用するトリートメントと美容室のトリートメントは全く違うって事です。

これは以前にも記事にしましたが私達が皆様に使用するトリートメントはカラーやパーマで傷まないようにするための物であったり。

髪の毛が傷んで抜けてしまった物を疑似的に補給してお手入れしやすい髪の毛にする事が目的です。

 

ですから、自宅で使用するトリートメントは全く別物だと思ってください。

主な成分はメーカー事に様々ですが。トリートメントは髪の毛を直したりするものではないという事を知っておいてください。

結局トリートメントだけで良い

結局あれこれ使用するのではなく。トリートメントだけで良いのです。

 

ただし、気を付けてほしいのはトリートメントって髪の毛を柔らかく、しなやかにするので髪の毛を柔らかくする成分が入っていたりするのでやったほうがいい物と悪い物があるので。

自分の髪質に合った物を使用しなければいけません。

トリートメント・コンディショナー・リンスのまとめ

私からすればトリートメントもシャンプーも傷む行為をしているのでお湯洗いが一番傷まない方法だと思っております。

 

しかし、それだとワックスなどの汚れがなかなか取れないのでやっぱりシャンプーをした方が良いと思います。

で、シャンプーを選ぶ際にはなるべく髪の毛が傷まない物をチョイスするってのがいいという事ですね。

私はなるべく肌にも体にも優しい成分のシャンプーを使用しておりますが個人的には過去にご紹介したイオニートシャンプーがおすすめです。

髪の毛が綺麗になるとかどうとかいうシャンプーではありませんがシャンプーだけでも十分に質感に満足のいくシャンプーです。

 

トリートメントはいろいろ思う所はありますがやっぱり髪質に合わせて選ぶ事をおすすめします。

合わせて読みたい

トリートメント
髪質別で選ぶおすすめの洗い流さないトリートメントと使い方

こんにちは村瀬です。 今回は髪質別に合わせたおすすめの洗い流さないトリートメントの選び方についてお話をします。 洗い流さないトリートメントはお風呂上りに使用するものですが、自分にあった物を選ぶのって難 ...

続きを見る

 

この記事が気に入ったら
最新の情報をお届けします

Twitter で

-正しいヘアケアのまとめ, トリートメント

Copyright© 綺麗のミカタ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.