綺麗のミカタ

プロの美容師がおすすめ・人気のシャンプー・トリートメント・カラー・ヘアアイロン・ドライヤー本当に良い物を紹介します。

プロの美容師がおすすめするプロ用ストレートアイロン3種類と家庭用ストレートアイロン5種類

      2016/08/25

ストレートヘア

こんにちは村瀬です。くせ毛の方はストレートアイロンは必須アイテム。特に時間のないときに簡単にくせ毛を伸ばせるストレートアイロンは便利なアイテム。

でも、ストレートアイロンってたくさんあるのでどれがいいのかいまいちわからないですよね?

そこで、今回はおすすめのストレートアイロンをご紹介します。

今回ご紹介するのプロの私たちが使用する人気のヘアアイロンと市販品で購入できるおすすめなストレートアイロンをご紹介します。

プロ用と市販はそこまで変わりませんがプロ用の場合は中に内蔵されているヒーターが違いヘアアイロンを使用していても温度が下がりにくい事や簡単にくせ毛を伸ばす事が出来るというが違います。

また、プロ用は高価ですが私達美容師が毎日何回も連続して使用しても故障しないように為耐久性があるのでなかなか故障しにくいのが特徴です。故障の度に何度もストレートアイロンを買い直す事を考えると高くても購入する価値のあるヘアアイロンなので参考になれば幸いです。

今回はストレートアイロンですが巻き髪用のヘアアイロンを探している方はヘアアイロンの記事を参考にしてみてください。

プロが選ぶおすすめ巻き髪用ヘアアイロン・人気のヘアアイロン3社を比較
こんにちは村瀬です。みなさんヘアアイロン(コテ)はどれを購入したらいいのか迷っている方が多いのではないでしょうか? なかなか自分に合ったヘアアイロン(コテ)がないと言

スポンサーリンク

プロ用のストレートアイロンと市販品のストレートアイロンの違い

まず、市販品のヘアアイロンとプロ用のヘアアイロンの違いですがあまり違いはありません。

もちろんプロ用でも安い物もありますし、市販品でも高い物もあります。

そんなストレートアイロンですが選ぶには4つのポイントがあるので説明をしていきます。

ストレートアイロンの構造

ストレートアイロンの構造

まず、ストレートアイロンの構造は図のように3つの構造でできています。

ここで一番重要な所はプレートの中の構造がどのようになって居るか?です。この中身がしっかり作りこまれているのかそうでないのかで値段が変わります。

それ以外にもストレートアイロンのボディーやコード部分もどんな構造になっているのかも重要なポイントなのでチェックをしておきましょう

チェックするポイント
  • プレートの種類
  • プレートの下にあるバネ
  • ボディーの耐久性
  • コードの付け根

ストレートアイロンのヒーターの種類と違いを解説

シングルヒーター ワイドヒーター ダブルヒーター
小さいヒーター 大きなヒーター 高性能のヒーター2つ

 

プレートの中に入っているヒーターの種類は大きく分けて3種類にがあります。このプレートの性能が良ければヘアアイロンの価格が高くなります。

逆にヒーターが小さかったり性能が低ければ安価なストレートアイロンになります。このヒーターの構造が一番重要なので細かく解説していきます。

シングルヒーターの特徴と弱点

シングルヒーター

まず、シングルヒーターです。このヒーターはほとんどのストレートアイロンに採用されています。

このタイプシングルヒーターはプレートの中心に小さなヒーターが入っているのですがヒーターの部分が小さい為コストが抑えられます

その代わりとしてプレート全体にヒーターが入っていないのでプレートの隅の温度が下がりやすいという弱点があります。

シングルヒーター弱点
熱を与えると両ハジが冷えてしまう

 

このタイプのストレートアイロンの場合は使用すると真ん中だけが熱くなりプレートの隅の温度が低くなるので髪の毛に均等に温度を伝えられないと言う弱点があり、髪の毛を伸ばすのに時間がかかります。また、ヒーターが小さい分温度がなかなか上がらないという欠点もあります。

ワイドヒーターの特徴と弱点

ワイドヒーター

次に多いのがワイドヒーターです。このタイプのヒーターは比較的プレートの幅が広いアイロンに使用されています。

このタイプのヒーターはストレートアイロンの出始めの時に良く採用されたものです。

ワイドヒーター弱点
真ん中が冷えやすい

 

ワイドタイプのヒーターの場合はヒーター自体大きいのでプレート全体に熱を伝えれるのですが髪の毛にアイロンを通すと真ん中の温度が下がりやすく均等に熱が伝わらないという欠点もあります

またプレートが大きくなるのでストレートアイロンが重くなる傾向があり使用するのに使いにくい事もあります。

ダブルヒーターの特徴

ダブルヒーター

最後に高価なヘアアイロンに使用されるタイプのヒーターはダブルヒーターです。

このタイプのストレートアイロンはヒーターが2個入っておりとても効率的に熱を与える事が出来きます。熱を均等に伝える事が出来るタイプのヘアアイロンですが、ヒーターの構造が複雑でコストもかかるのでちょっと高いという欠点もあります。

ストレートアイロンのスプリングの構造の違いと特徴

スプリング

本当はもっと複雑ですが…

次にプレート部分の中に入っているスプリングです。ストレートアイロンは髪の毛がしっかりはさめるようにプレートとヒーターの下にスプリングが入っています。

このスプリングは大きく分けて4種類あります

シングルスプリング

シングルスプリング

まず一番多いスプリングがこのシングルスプリング

図のようなスプリングが上下のプレートに入っています。(まれに片方だけのもあります)

シングルスプリングの場合はプレート全体を持ち上げる力が弱くヒーター同様プレートの隅まで髪の毛をしっかりはさめないので髪の毛が落ちやすいです。

また、スプリングが小さい分早く劣化が始まり数年でスプリング効果がなくなってしまう事がデメリットでもあります。

ワイドスプリング

ワイドスプリング

次にワイドスプリング

このタイプのスプリングはワイドタイプのアイロンによく使用されています。ワイドな分劣化に強いのですがヒーター同様にヘアアイロンの大きさが大きくなるので少し重いストレートアイロンになり小回りが利かないという欠点もあります。

ダブルスプリング

ダブルスプリング

最後にダブルスプリング

ダブルヒーターを採用しているアイロンは大体このダブルスプリングを採用しています。このスプリングの場合はプレートの隅から隅までしっかり髪の毛を挟んでくれるので非常に使いやすいタイプです。

プロ用のヘアアイロンの場合は縮毛矯正などの技術をする為髪の毛のかみ合わせが本当に繊細でこのタイプのヘアアイロンの方がくせ毛を綺麗に伸ばせる事が出来ます。

ダブルスプリング・その2

ダブルスプリング

まれににこんなスプリングもあります、これも使いやすいアイロンの部類に入ります。スプリングがコンパクトなのでより噛みあわせが繊細なので、アイロンを通している時にくせ毛が綺麗に伸びやすくなっています。髪の毛をしっかり挟む事が出来るのでしっかり伸ばしたい方はこのタイプのストレートアイロンが良いです。

ストレートアイロンのボディー耐久性

新品のアイロン

 

新品で買ったアイロンはこんな感じですが長年ストレートアイロンを使用していると段々アイロンが変形していきます。

使い込んだアイロン

 

長年使い込むとアイロンの先がどんどん開いていき髪の毛を挟んだ時にアイロンの先の方がうまく挟めなかったり、挟んでるはずが引っ張れないといった事がありませんか?

これは使い込めば必ず起こる事なのですが、ストレートアイロンを購入する際にはしっかりとしたボディーを選んだ方が良いです。

プロ用のストレートアイロン

スプリングの話に戻りますが実はプロ用のストレートアイロンの場合やダブルスプリングを採用しているストレートアイロンはもともとこのように設計してあるので、長年使い込んでストレートアイロンが変形しても挟んだ時に髪の毛がこぼれないように調整されています。

プロ用のストレートアイロンは使い込んでもある程度対応できるように設計されているので高いのですがそれなりにメリットが沢山あります。

ストレートアイロンのコード部分の違い

コード

 

ストレートアイロンで一番故障する所がこのアイロンとコードの付け根部分です。

この部分は主に2種類あります。一番多いのがイメージ図のようなタイプの付け根部分です。

アイロンのコードの付け根部分は補強されていますが、ストレートアイロンを使用する際には様々な角度で使用するので必ずこの部分がダメになって故障します。

ですから、コードの付け根部分は折れ曲がっていないように使用する事が大切です。

おすすめは動くタイプ

コード回る

 

一番おすすめなのが付け根部分が動くタイプのストレートアイロンです。

付け根部分が動くタイプのストレートアイロンは少し高めのストレートアイロンにされますがどの角度でも対応できるように付け根部分が回ります。

付け根部分が回るので比較的故障する事が少ないのが特徴です。この方式のストレートアイロンはあまりないので購入する際には注目してほしいポイントでもあります。

プロが使用するおすすめストレートアイロン3メーカーを比較

それでは私がおすすめのストレートアイロンをご紹介していきます。

自慢ではありませんが私は結構な台数のストレートアイロンを使用しましたし故障したヘアアイロンを分解したりしたので自信を持って一番使いやすかったヘアアイロンを紹介していきます。

 

また、私がおすすめするストレートアイロンは今まで説明した事をクリアしているストレートアイロンになります。

少々お値段がは高いですが高い分期待を裏切らないので、くせ毛をしっかりのばしたい方におすすめのスレートアイロンです。また、耐久性もあるので大切に使えば長年使えます。

もし、ストレートアイロンを買い替える時に参考にしてみてください。

選ぶ為のポイント
  • 高価だから良いという物でもない
  • 高温が出るから伸びるという訳ではない
  • マイナスイオンが出るから良いという物でもない
プロがおすすめする人気のヘアドライヤーとマイナスイオンドライヤーの効果
こんにちは村瀬です。 今回はプロがおすすめするドライヤーとマイナスイオンドライヤーの効果についてお話していきます。 まずドライヤーと言っても最近は様々な物が販売

アドストDS2・ストレートヘアアイロン

3代目のアドストヘアアイロン

 

私は初代のアドストヘアアイロンを使用していますが価格とても優秀なストレートアイロンでプロにも一般の方にもおすすめします。

現在では3代目で何が今までの物と違うかと言いますと、髪の毛を挟むプレート部分に加工がされており髪の毛の水分をうまく外に出すように作られていますが。

実はこのプレート部分は2代目のアドストアイロンにも同じ用な加工がされています。プロが使うと違いがわかりますが一般の方にはあまりわからないと思うので安い方を選びましょう。

アドストヘアアイロンはM1とM2のモード変換ができM1はパワーモードで髪の毛を挟んでアイロンしたときに温度が低下しません。ですから、美容室で縮毛強制を行う時やストレートアイロンでなかなかくせ毛が伸びない方に使用します。

M2はダメージモードで自動的に温度が下がるようになっています

本来髪の毛は根本と毛先のダメージが違うのでヘアアイロンを通す時は毛先の部分は温度を下げて使用する事が好ましいのですが、普通でしたら根本を高温にして毛先は温度を下げるなど工夫が必要なのですが。

M2モードにして根本から毛先にアイロンを通すと自動的に温度が下がり毛先にヘアアイロンを通す時には低温になるという優れものです。

また、ハッコーのアドストヘアアイロンは設定温度になるまで30秒と早めなので忙しい朝に便利です。

対応温度は60~180℃

おすすめポイント
  • 温まるまでが速い
  • ダメージモードが便利
  • コードが回るので絡まらない
  • かみ合わせが良い
  • 温度が下がらないので早く伸ばせる

アドストDS・ストレートヘアアイロン

2代目アドストヘアアイロンは旧商品なので3代目よりも若干お値段がお手頃です。

違いはプレート部分の水分を逃がす構造が変わっただけでそこまで性能に大差はありません。在庫の関係もありますが旧商品の方がお買い得な場合があるので探してみると良いと思います。

アドストDSストレートアイロンの対応温度は60~180℃で初代~3代目まで同じ温度になっております。

おすすめのポイント
  • プレート以外3代目の同じ
  • 旧モデルなので安い場合が多い

プライアSS・ストレートヘアアイロン

ルベルコスメティクスから販売されている2代目プライアストレートアイロン

プライアSSストレートアイロンは縮毛強制を知り尽くした美容師さんとルベルコスメティクスで開発した商品でアドストの製造元ハッコーで製造されております。

ルベルのストレートアイロンはアドストに比べてプロ用に設定されているのが特徴でその一番の違いはプレート部分がくせ毛を真っ直ぐにしやすいようにスリットが入っている所です。

スリットは入っている事によりストレートアイロンを通した時に髪の毛の方向を綺麗に整えてくれるという効果が得られます。

もう一つの違いはもモードがノーマルとパワーモードの2つになっております。

その他の基本的な性能はアドストと同じですが美容師向けの商品の為流通が少なく割高になります。

注意してほしい事はプロ用なのでダメージモードがないという事です。

対応温度は60~180℃でアドストと同しです。

おすすめのポイント
  • プレートのスリットが意外と優秀
  • パワーモードで温度が下がりにくい
  • 色がかっこいい

TIPシェイプストレートアイロン

TIPシェイプアイロンも人気のアイロンで非常に使いやすいアイロン。

なぜ人気なのかと言いますと初代アドストと同じ形でとても使いやすく美容師さんに人気のヘアアイロンなのです。

その他にも、スプリングが独自設計で挟んだ髪の毛が落ちてこなくしっかり挟み込めます。また、毛を伸ばすときに適度にテンションがかかるのでとても使いやすいストレートアイロンです。

そして、プレート部分が特殊コーティングがされているので髪の毛の滑りも良く使いやすいのが特徴です。

ちょっと残念なのはコードの付け根部分が回らないタイプなところです。TIPシェイプアイロンはワイドタイプも有りますがコンパクトタイプの方が使いやすいです。

対応温度は60~180℃

おすすめのポイント
  • ハイスペックでも安い
  • プレートの噛みあわせがとても良い
  • 髪の毛の滑りが良い
  • 温度が下がりにくい

市販でおすすめなストレートヘアアイロン

プロ用ではないのですが一般市場に売られているアイロンで使いやすい物をまとめてみました。

市販のストレートアイロンの多くは結構重く実際使用する際に苦になる事が多いので今回は使用するときの使いやすさを考慮して軽めのタイプをご紹介します。

一般市場に売られているストレートアイロンはヒーターやスプリング部分など割と作りこんでない分価格が安く手に入れやすいので家電量販店で手に取って検討するのも良いと思います。

今回は巻髪用のヘアアイロンで人気の3社からご紹介します。

参考プロが選ぶおすすめ巻き髪用ヘアアイロン3選!

クレイツ製のストレートヘアアイロン

一番スタンダードなタイプ、ストレートと簡単なカールを付けられるアイロンです。割と温度が下がりやすいのでくせ毛が強い方は少し不向き。

プレート部分も幅がありボディーがしっかりしている分長く使用できますが、ちょっと重めなストレートアイロン

対応温度は120℃~180℃

おすすめのポイント
  • ワイドタイプなので一気に髪の毛を真っ直ぐに出来る
  • カールにも対応している
  • コードが回る
  • 安い

クレイツ製・ストレートヘアアイロン・コラボモデル

人気カリスマ美容師さんとのコラボ商品でボディがスリムになっております。スプリングは上部についており割とかみ合わせも良い商品。

使用する際にも軽く丁度いい大きさなので使いやすいのが特徴です。

こちらのストレートアイロンの最大の特徴はプレート部分にグリップが付いていてくせ毛をしっかり伸ばせるようにテンションがかかりやすくなっています。

ストレートアイロン ストレートアイロンのラバー部分
開いた状態 ラバーの部分

対応温度は100~210℃

おすすめのポイント
  • スリムになって居るので使いやすい
  • ラバーが髪の毛をとらえてくれる
  • 温度対応が幅広い
  • 安い

クレイツ製・ストレートヘアアイロン・コンパクトモデル

アフロートモデルのグリップが逆にテンションがかかりすぎて使いにくい方はこちらのグリップがついていないモデルがおすすめ。くせ毛が少ない方は使いやすいと思います。

対応温度は120~200℃

おすすめのポイント
  • コンパクトで前髪に最適
  • 旅行の持ち運びに便利

アイビル製のストレートヘアアイロン

巻き髪用のヘアアイロンで人気のアイビル製のストレートアイロンは業界で最もスリムタイプで非常に使いやすい設計になっております。

プレート部分も非常に長いので幅広く髪の毛を挟めるので忙しい朝の時間短縮になります。

 

個人的にはとても軽く使いやすいストレートアイロンでしたが、スリムタイプなので高温で使用し続けるとボディーが速く劣化が速くアイロンの先のかみ合わせが悪くなるのが早かったので業務用よりも家庭向けな感じがします。

また、ボディー部分が壊れやすいの使う数分前に温めておくなどを繰り返すと早く壊れる可能性があるので使うときにスイッチを温めて使いましょう。

壊れやすかったけどスリムで使いやすかったストレートアイロンです。

対応温度は60~190℃

おすすめのポイント
  • とても軽い
  • ワイドなプレートで一気にはさめる
  • 低温に対応している

ヴィダルサスーン製ストレートアイロン

以前は3Wayのヘアアイロンをおすすめしていましたが家電量販店に行って使用してきましたがアタッチメントがかなり使いにくいので変更しました。

※私の使った事があるのは旧モデルでした。※旧商品は使いやすかった。

 

ヴィダルサスーンのストレートアイロンは2種類ありどちらを紹介しようか迷いましたがこちらの温度調整の出来るタイプの物をおすすめします。

このヘアアイロンは少しロングタイプで使用するには重さがあるかな~っと思っていましたが実際使用すると結構使用しやすいです。

またコード部分も回転するタイプなので結構コードの切れる心配もありません。

値段も手ごろで使用しやすかったのでこのヘアアイロンがおすすめです。

 ヴィダルサスーンのストレートアイロン  ヴィダルサスーンのストレートアイロン
 プレートもかわいいピンク  非常にコンパクト

アイロン時100~180℃(2段階)

おすすめのポイント
  • スタンダードで失敗がない
  • 価格が安い
  • コードが回る
  • ピンク色がかわいい

プロ用・家庭用おすすめストレートアイロンのまとめ

今回は対応温度など載せましたがヘアアイロンの熱や傷む原因をしっかり理解した上でヘアアイロンを使用しましょう。

プロ用のストレートアイロンは主に縮毛強制をする時に使用するのでくせ毛をしっかりと伸ばせるようになっているので温度・かみ合わせ・耐久性を考えて製造されているのでやはりお値段は高めですがとても使いやすいのが特徴です。

家庭用のストレートアイロンの場合は軽いくせ毛を伸ばす分には非常に便利で価格も安いのでお手頃だと思いますが、クセが強い方はプロ用のヘアアイロンを使用した方が良いと思います。

ストレートアイロンを使いやすくするたった1つの方法
こんにちは村瀬です。 今回はストレートアイロンを100倍使いや易くする方法を教えます。 この方法は通常のストレートアイロンならほぼ使用できますが、形状が特殊なヘ

 - ヘアアイロン

        

スポンサーリンク

Comment

  1. Chelsea より:

    間違いなく Karmin

    • 村瀬 村瀬 より:

      こんにちはChelseaさん

      Karmin製のヘアアイロンは日本ではあまり入手できなくて使用した事がありませんが使いやすそうなアイロンですね。
      いい情報をありがとうございます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

  関連記事

巻き髪の仕方
ヘアアイロンの巻き方と髪の巻き髪を綺麗にするおすすめスタイリング剤とミスト

8 0 0 4

こんにちは村瀬です。 今回は初心者の方がヘアアイロンで巻き髪をする時に注意してほしいポイントをまとめてみました。 実際の …

コテの巻き方
プロが教えるヘアアイロンの巻き方~ロングヘアの内巻き編~

3 0 0 1

こんばんは村瀬です。 今回は前回の続きで実際にヘアアイロンでスタイルの作り方をご紹介していきます。 今回は前回でご紹介し …

女性
ストレートパーマと縮毛矯正の違い

15 2 0 3

こんにちは村瀬です。 今回はストレートパーマと縮毛矯正の違いをお話していきます。 縮毛矯正って一昔前までは特殊技術だった …

プロが選ぶおすすめ巻き髪用ヘアアイロン・人気のヘアアイロン3社を比較

17 12 0 2

こんにちは村瀬です。みなさんヘアアイロン(コテ)はどれを購入したらいいのか迷っている方が多いのではないでしょうか? なか …

ヘアアイロン
ヘアアイロンの適正温度と熱で髪の毛が傷む理由正しいヘアアイロンの使い方

5 0 0 1

こんばんは村瀬です。今回はヘアアイロンの正しいと使い方をご紹介していきます。 ヘアアイロンと言うとカールを付けたりくせ毛 …

ヘアー
プロの美容師が使用している人気のヘアアイロンおすすめヘアアイロン

1 0 0 1

  みなさんこんにちは村瀬です。今回お送りするのは巻き髪をする時に必ず必要なヘアアイロンです。 前回は値段も考 …

温度
ヘアアイロンの温度は何度がおすすめ?ダメージヘアーのおすすめ温度

2 1 0 0

  こんにちは村瀬です。今回はヘアアイロンの温度について正しい知識を皆様に身に付けてもらいましょう。 初めに言 …

ヘアスタイル
ヘアアイロンとパーマはどちらが傷むのか?

9 0 0 4

こんにちは村瀬です。 今回はヘアアイロン(コテ)とパーマどちらが髪の毛のダメージになるかを説明していきます。 結論から言 …

ストレートヘアー
ストレートアイロンを使いやすくするたった1つの方法

15 0 0 3

こんにちは村瀬です。 今回はストレートアイロンを100倍使いや易くする方法を教えます。 この方法は通常のストレートアイロ …