悩みを解決!シャンプー・ドライヤー・ワックス・ヘアアイロンおすすめ

綺麗のミカタ

頭皮ケアの方法 シャンプー

頭皮ケアにおすすめのデミ・ビオーブシャンプー

更新日:

こんにちは村瀬です。夏になり少し頭皮ケアを心配している方が多いのではないでしょうか?

夏になるとどうしてもすっきりしたシャンプー欠かせません。特にエモリエント効果の高いシャンプーを使用していると皮脂の油などで髪の毛がべた付く原因になったりしますよね。

LINK頭皮湿疹と頭皮が痒い原因と対策

 

特にダメージケア系のシャンプーを使用していると髪の毛の質感を出す為にトリートメント効果の高い成分が配合されている為頭皮への蓄積が気になるところですよね。

そんな方には1週間に1度は頭皮環境を整えるシャンプーで頭皮のケアをする事がおすすめです。特に夏場熱い日にはスーッとしたメントールなどのシャンプーがしたい方にはデミ・ビオーブシャンプーがおすすめです。

合わせて読みたい

オーガニック
肌と頭皮が弱い方におすすめの低刺激シャンプーとオーガニック

こんにちは村瀬です。肌が弱い方はシャンプーをするとなんだか痒くなるという事がありますよね。 私も肌が弱くてカラーリングをすると1週間ほど頭皮が痒くなり何日か辛い事があります。 頭皮が痒い原因の一つはシ ...

続きを見る

スポンサーリンク

デミ・コスメティクス

デミコスメティクスはデミ毛髪科学研究所を、1984年に設立して美容メーカーの中では一歩先を進んだ研究をしており結果のわかる商品が多いです。デミは卵の薄皮成分が髪の毛の成分に近い事に着目して卵の薄皮成分を配合したスタイリング剤を販売しており代表的な商品はデミ・デザインキューブワックスです。

その他にイーラルという頭皮ケアに特化したブランドを立ち上げており。美容師に頭皮環境・商品知識を正しく教育するプログラムがあり多くの美容室で採用されているブランドです。

デミ・ビオーブシリーズ

ビオーブ(Biove)とはBio(生命)とGive(与える)と言う造語から作られたブランドです。つまり植物由来の成分で人間本来の生命の力を増幅させて頭皮ケアをしようという商品コンセプトです。

ビオーブシャンプーは医薬部外品登録のシャンプーなので薬用成分はもちろん、頭皮に効果のある成分を配合したシャンプーで植物由来を配合して作られたシャンプーです。

ビオーブシャンプーはスタンダードのモデル、エイジングケア、メンズ用の3種類のラインナップされておりそれぞれの特徴が違います。

ビオーブ・シャンプー

デミビオーブシャンプーはリフレッシュとスキャルプの2種類ありますがリフエッシュよりもモイストタイプの方が保湿性もありおすすめです。

男性の場合や皮脂の油が多い方はリフレッシュでもいいのですがビオーブ・フォー・メンが登場したので女性で皮脂の油が気になる方はリフレッシュを使用しましょう。

男性で皮脂の油が気になる方はフォー・メンがおすすめですがスタンダードなモイストで完結しているのでこれが一番おすすめです。

デミ・ビオーブモイストシャンプーの成分

ピロクトンオラミン 、精製水 、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム 、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン 、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液 、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液 、アルキル(8~16)グルコシド 、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド 、カワラヨモギエキス 、キョウニンエキス 、クララエキス(1)、シャクヤクエキス 、センキュウエキス、サボンソウエキス、DL-リンゴ酸 、1,3-ブチレングリコール 、塩化O-2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル:ヒドロキシエチルセルロース 、ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル 、ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1) 、ポリエチレングリコール20000 、エタノール 、無水エタノール 、l-メントール 、エデト酸二ナトリウム 、メチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン液 、香料

まずピロクトンオラミンは殺菌性と防腐性に優れてフケ防止や頭皮の炎症を抑えてくれる医薬部外品の成分です。

化粧品登録のシャンプーにも配合されますが化粧品登録の場合0.05%と配合量が規制されています。

この辺が医薬部外品と化粧品登録されているシャンプーの差です。

洗浄成分

洗浄成分はヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム 、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン 、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液 、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液とヤシを原料とするアミノ酸系の洗浄成分がメインです。

ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウムは洗浄力があるのに肌に優しい成分なので肌荒れをする心配がありません。

その他にベタイン系の界面活性剤を使用していますがベタイン系の洗浄成分は保湿力がるので髪と肌を優しく洗ってくれて保湿してくれる成分になって居ます。

また、アルキル(8~16)グルコシドと言うトウモロコシとココナッツからとれる洗浄成分を配合しています。この成分は肌へのリスクが少ないのに洗浄力が強い特徴があります。

ビオーブシャンプーはとてもすっきりとした洗いあがりの中に肌への保湿があるシャンプーと言えます。

その他の有効成分

カワラヨモギエキス …ヨモギから抽出されるエキスで抗炎症作用・抗菌作用・保湿作用・収れん作用などがありお肌の調子を整えてくれます。クリエディールシャンプーはこのエキスでシャンプーが出来ています。

キョウニンエキス …アンズから抽出されるエキスで肌のターンオーバーを促進してくれる成分

クララエキス(1)…マメ科のクララの根から抽出される成分、痒み防止、フケ防止、殺菌、細胞活性化、血行促進効果がある。

シャクヤクエキス …ボタン科植物、シャクヤクの根から抽出されたエキスで抗炎症、血行促進、 、収れん作用があり、最近では美白効果に注目され美白化粧品に使われることの多いエキス

センキュウエキス…セリ科植物センキュウの根、茎から抽出したエキスです。血行促進効果、消炎効果、鎮静効果があるので頭皮の肌荒れを押さえてくれます。

サボンソウエキス…ナデシコ科のサボンソウの葉・根から抽出して得られるエキス、洗浄効果がありながらも滅菌性、トニック性もあります。毛穴に詰まった汚れを優しく取り除いてくれます。

 

どの成分も植物由来の成分で医薬部外品の商品に使用される成分で植物の力で頭皮環境を整えてくれます。

ビオーブ・トリートメント

ビオーブトリートメントは2種類あり一つはスキンケアするタイプのトリートメントとダメージが気になる方へのトリートメントです。

基本的にはスキャルプリラックストリートメントで十分なのですが髪の毛のダメージが気になる方はシリコンを配合したヘアリラックストリートメントを使用すると髪の毛の質感をアップしてくれます。

トリートメントの成分

グリチルリチン酸ジカリウム 、 酢酸DL-α-トコフェロール 、 <その他の成分> 精製水 、 セタノール 、 濃グリセリン 、 ソルビット液 、 ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド 、 L-グルタミン酸 、 カワラヨモギエキス 、 キョウニンエキス 、 クララエキス(1) 、 シャクヤクエキス 、 センキュウエキス 、 ヒアルロン酸ナトリウム(2) 、 シア脂 、 加水分解ケラチン液 、 マカデミアナッツ油 、 ヒマワリ油(2) 、 イノシット 、 オレイルアルコール 、 1,3-ブチレングリコール 、 無水エタノール 、 メチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン液 、 香料

基本的にはシャンプーに含まれる成分を配合しながら有効成分である酢酸トコフェノールとグリチルリンシン酸2Kを配合している所ですいずれも医薬部外品に含まれる有効成分です。

酢酸トコフェロールは合成ビタミンEで、血流促進効果、抗酸化作用によるシミ、そばかす、肌の老化防止を防ぐ効果してくれます。
グリチルリチン酸2Kはカンゾウの根から抽出したグリチルリチンの誘導体。皮膚抗炎症作用を持ち、副作用がなく解毒作用、抗アレルギー作用を与えてくれる成分です。

このトリートメントは実は頭皮から使用しても大丈夫な成分で構成されているのでダイレクトに頭皮ケアが出来ます。

ビオーブ・ピュリム

基本的にはビオーブと同じなのですがワンランク上のラインナップです。

新たに香りを香水と同じようにトップノートをベルガモット、グレープフルールの香りにグリーン調に仕上げており

ミドルノートにローズ、ジャスミン系の香りでラストノートはアンバー、ウッディムスクの香りになって居ます。

全体的にはシトラスフローラルグリーンの香りとなって居ます。

ビオーブ・ピュリム成分

ピロクトンオラミン、精製水、ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム、ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン、ラウリルヒドロキシスルホベタイン液、ラウリン酸アミドプロピルベタイン液、アルキル(8~16)グルコシド、ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド、ヤグルマギクエキス、アスパラサスリネアリスエキス、ダイズエキス、カワラヨモギエキス、キョウニンエキス、クララエキス(1)、シャクヤクエキス、センキュウエキス、サボンソウエキス、DL-リンゴ酸、1,3-ブチレングリコール、塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース、ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル、ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1)、ポリエチレングリコール20000、エタノール、無水エタノール、l-メントール、エデト酸二ナトリウム、メチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン液、香料

ビオーブよりも新たにアンチエイジング効果のあるヤグルマギクエキス、アスパラサスリネアリスエキス、ダイズエキスを配合する事により髪の毛の質感がさらに良くなっています。

基本的にはビオーブをアンチエイジング効果を付けた物でワンランク上のシャンプーになっております。

※価格も少し高い

ビオーブ・ピュリム・トリートメント

トリートメントもシャンプー同様に通常のラインナップに新たに香りとアンチエイジング成分を配合する事によってワンランク上のトリートメントに仕上がっています。

ビオーブ・ピュリムトリートメントの成分

グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL-α-トコフェロール、精製水、セタノール、濃グリセリン、ソルビット液、ステアリン酸ジメチルアミノプロピルアミド、L-グルタミン酸、ヤグルマギクエキス、アスパラサスリネアリスエキス、ダイズエキス、カワラヨモギエキス、キョウニンエキス、クララエキス(1)、シャクヤクエキス、センキュウエキス、ヒアルロン酸ナトリウム(2)、シア脂、加水分解ケラチン液、マカデミアナッツ油、ヒマワリ油(2)、レイルアルコール、1,3-ブチレングリコール、無水エタノール、l-メントール、メチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン液、香料

シャンプー同様にヤグルマギクエキス、アスパラサスリネアリスエキス、ダイズエキスを配合する事によりアンチエイジング効果が期待できる成分配合になって居ます。

また新たに、ヒアルロン酸ナトリウムを配合する事によってトリートメントの保湿性が高まっています。

最後に、このトリートメントは実は頭皮に付けても大丈夫なようになっており専用の陶器で出来スカルプ用カッサも同時に販売されています。

このカッサはスカルプブラシとは違い直接頭皮のツボを刺激してくれるのでいた気持ちいいヘッドマッサージが自宅で出来るようになって居ます。

ビオーブ・フォー・メン

ビオーブフォーメンはここまでご紹介してきたビオーブシリーズと基本的には一緒です。男性向けに香りを調整しているのと同じラインナップのトリートメントはなく消臭効果のあるスカルプジェルがラインナップされているという所です。

ビオーブ・フォーメンの成分

ピロクトンオラミン , 精製水 , ヤシ油脂肪酸メチルタウリンナトリウム , ラウリルジメチルアミノ酢酸ベタイン , ラウリルヒドロキシスルホベタイン液 , ラウリン酸アミドプロピルベタイン液 , アルキル(8~16)グルコシド , ヤシ油脂肪酸モノエタノールアミド , サボンソウエキス , チョウジエキス , カキタンニン , カワラヨモギエキス , キョウニンエキス , クララエキス(1) , シャクヤクエキス , センキュウエキス , DL-リンゴ酸 , グリセリン , 1,3-ブチレングリコール , 塩化O-[2-ヒドロキシ-3-(トリメチルアンモニオ)プロピル]ヒドロキシエチルセルロース , ポリオキシエチレンセトステアリルヒドロキシミリスチレンエーテル , ジステアリン酸ポリエチレングリコール(1) , ポリエチレングリコール20000 , クエン酸ナトリウム , グリシン , エタノール , 無水エタノール , l-メントール , エデト酸二ナトリウム , メチルクロロイソチアゾリノン・メチルイソチアゾリノン液 , 硫酸亜鉛 , 香料 

ここまでにご紹介してきた成分と同じで成分の配合量が違うので通常のビオーブのリフレッシュタイプと同じぐらいの洗浄力でさっぱりとした仕上がりの中に頭皮の保湿があります。

スカルプパックジェル

水、BG、グリセリン、ヒドロキシプロピルデンプンリン酸、PEG-30水添ヒマシ油、火山岩、チョウジエキス、カキタンニン、カワラヨモギ花エキス、アンズ種子エキス、クララ根エキス、シャクヤク根エキス、センキュウエキス、ヒドロキシプロピルトリモニウム加水分解ケラチン(羊毛)、トレハロースヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、酢酸トコフェロール、グリチルリチン酸2K、グリシン、グルタミン酸、クエン酸Na、メントール、グアーヒドロキシプロピルトリモニウムクロリド、ローカストビーンガム、ヒドロキシエチルセルロース、PEG-400、エタノール、エチルヘキシルグリセリン、安息香酸Na、サリチル酸、ミリスチル硫酸Na、硫酸亜鉛、香料

基本的にはビオーブシリーズと同じなのですが火山岩を配合する事によりスクラブ効果が得られるように作られています。

ビオーブ・フォー・メンは本当にオイリーで困っている男性向けに設計されており肌が敏感や乾燥が気になる方は通常のラインナップのモイストシャンプーをおすすめします。

ビオーブシャンプーのまとめ

最後になりましたが実はこのビオーブシャンプーは以前グラングリーンシャンプーでご紹介した肌の弱い知り合いの方に探したシャンプーです。

彼女はアトピーもありどんなシャンプーも合わなく医者に勧められたシャンプーを使っていましたがやっぱり頭皮に優しいシャンプーだと髪の毛の質感が良くないんですよね

そこでグラングリーンとビオーブシャンプーを勧めして両方とも大変気に入ってくれたシャンプーの一つです。

ビオーブシャンプーはメントールを配合していて夏シャンプーですっきりしたい方や頭皮ケアしたい方におすすめのシャンプーでトリートメントを使う事でダメージケアも出来るシャンプーで個人的にも気に入っているシャンプーです。

どれがいいかわからない方はスタンダードなデミ ビオーブ モイストスキャルプシャンプーがおすすめです。

また、シャンプー選びで大切な事は自分にどんなシャンプーがあっているか理解する事ですのでシャンプー選びは慎重にしましょう。

合わせて読みたい

シャンプーを泡立てる
美容師おすすめのシャンプー!悩みを解決する人気シャンプーまとめ

こんにちは村瀬です。皆様はいろいろなシャンプーを調べて何がいいのかな?どんな物が自分に合うのかな? そんな感じでシャンプーをお探しではないでしょうか? 検索する時に『シャンプー おすすめ』や『シャンプ ...

続きを見る

この記事が気に入ったら
最新の情報をお届けします

Twitter で

-頭皮ケアの方法, シャンプー

Copyright© 綺麗のミカタ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.